17.10 - 出力の保存 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
構成
Publication ID
B035-1102-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

DBWの出力は次の2つの方法で保存できます。

ファイルへの情報のロギング

この方法では、出力表示領域の情報のログが継続的に保持されます。

ロギングを有効にすると、現在のウィンドウのセッションが、デフォルトまたは指定されたテキスト形式のログ ファイルに保存されます。これらのログは、セッションを調べたり出力したりする場合に役立ちます。

すべてのウィンドウのロギングでは、標準のログ ファイルが開きます。ログ ファイルがすでに存在する場合、DBWは既存のファイルに現在のセッションのテキストを追加します。

すべてのウィンドウのログ ファイルを開始するには、DBWのメイン ウィンドウでFile(ファイル) > Log All Windows(すべてのウィンドウのロギング)の順にクリックします。

DBWのすべてのサブウィンドウから出力のロギングがすぐに開始され、個別のファイルに保存されます。サブウィンドウごとのログ ファイルがすでに存在する場合、新しいテキストはそれらのファイルに追加されます。

1つのアプリケーション ウィンドウのログ ファイルを開始するには、次の手順を実行します。

  1. いずれかのアクティブなアプリケーション ウィンドウでFile(ファイル) > Logging(ロギング)の順にクリックします。
  2. Select Log File For Window(ウィンドウのログ ファイルの選択)ダイアログ ボックスで、ログ ファイルをクリックするか新しいファイル名を指定し、OKまたはSave(保存)をクリックします。

    出力表示領域のテキストのロギングがすぐに開始され、指定したログ ファイルに保存されます。ログ ファイルがすでに存在する場合、新しいテキストはそのファイルに追加されます。

ウィンドウのバッファの保存

この方法では、ウィンドウのバッファの現在の内容だけをファイルに保存します。ウィンドウの保存後に作成された出力は失われます。

アプリケーション ウィンドウまたはSupervisor(スーパーバイザー)ウィンドウの現在の内容を保存するには、次の手順を実行します。

  1. アクティブなサブウィンドウでFile(ファイル) > Save Buffer(バッファの保存)の順にクリックします。
  2. Save Buffer(バッファの保存)ダイアログ ボックスで、ログ ファイルをクリックするか新しいファイル名を指定し、OKまたはSave(保存)をクリックします。

    アプリケーション ウィンドウの出力表示領域のテキストが、指定したファイルに保存されます。ファイルがすでに存在する場合は上書きされます。

ログ ファイルとバッファ ファイルの表示

  1. DBWのメイン ウィンドウでFile(ファイル) > View(ビュー)の順にクリックします。
  2. Select File to View(表示するファイルの選択)ダイアログ ボックスで、ログ ファイルをクリックするか新しいファイル名を指定し、OKまたはOpen(開く)をクリックします。
  3. Viewing File(ファイルの表示)ウィンドウで、OKをクリックして終了します。