17.10 - DBQL CPU/IO収集 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
構成
Publication ID
B035-1102-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

DBQLでCPUとI/Oの統計を収集するために使用されるアルゴリズムを設定します。

DBQL CPU/IO収集を行なうと、リクエスト レベルおよびオプションとしてステップ レベルにおける問合わせ実行のパフォーマンス データが捕捉されます。収集するデータを指定するためのオプションがいくつかあります。<Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144>で、BEGIN QUERY LOGGING文の詳細も確認してください。

フィールド グループ

一般

有効な設定値

設定 説明
0 DBQL CPU/IO Collectionが明示的に設定されていないことを示します。この場合、DBQLはデフォルトの収集アルゴリズムを使用します。
1 DBQLは、ステップ調整の従来のアルゴリズムであるアルゴリズム1を使用します。
2 DBQLはAMPアルゴリズム2を使用します。大半の場合、このアルゴリズムによってアルゴリズム1よりも収集が向上します。アルゴリズム2は主に、特定のタイプの診断分析に使用されます。
3 DBQLはアルゴリズム3を使用します。これは、アボートされたステップおよび並列ステップや、反復ステップのステップ インスタンスに関するデータをキャプチャするほか、アルゴリズム1や2のステップやリクエスト実行に関する追加情報やステータスを格納します。これはデフォルトです。

デフォルト

3

変更の反映

DBS制御レコードへの書き込みが行なわれた後。