17.10 - EnableTempBLC - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
構成
Publication ID
B035-1102-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

温度ベースのブロック レベル圧縮(TBBLC)を有効にするかどうかを設定します。

フィールド グループ

圧縮

有効な設定値

設定 説明
TRUE TBBLCが有効となります。AUTOTEMPで圧縮(CREATE TABLE文またはALTER TABLE文で指定)されたテーブルは、データ ブロックのアクセス頻度が低く、自動的に圧縮して格納されます。
TBBLCを使用するには、 BlockLevelCompressionをOnに設定する必要があります。
FALSE TBBLCが無効となります。データ ブロックはアクセス頻度に応じて圧縮されません。

デフォルト

FALSE

変更の反映

DBS制御レコードへの書き込みが行なわれた後。

使用上の注意

TBBLCが有効となっている場合、AutoCylPackColdDataはTRUEに、DisableAutoCylPackはFALSEに設定する必要があります。

TBBLCが無効の場合、温度ベースの自動圧縮を使用するよう設定されているテーブルは、TBBLCが再び有効となるまで、手動圧縮の利用が設定されているテーブルと同様の扱いとなります。システム デフォルトに対するテーブルの手動圧縮または自動圧縮の設定は、DefaultTableModeで行ないます。

BLCは、Teradataファイル システムのデータ ブロック(DB)レベルでのデータ圧縮を可能にします。圧縮により所定のデータ量に必要なストレージの量が低減されます。DBS制御のBlockLevelCompressionフィールドで、BLCを有効または無効にできます。

データ温度は、アクセスの頻度を意味します。Hotデータは、アクセス頻度が高いものです。Coldデータは、アクセス頻度が低いものです。Warmデータは、アクセスの頻度が中程度のものです。TBBLCは、アクセス頻度が減少したデータを圧縮してストレージ領域を節約し、アクセス頻度が増加したデータの圧縮を解除します。随時、テーブルはパーティションなどで区分が異なっており、それぞれの温度に応じて、圧縮状態が異なる可能性があります。

関連情報

詳細情報 参照先
ブロック レベル圧縮 Teradata Vantage™ - データベースの設計、B035-1094
BLOCKCOMPRESSIONテーブル属性 Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144
DefaultTableModeフィールド DefaultTableMode
Ferret COMPRESS、UNCOMPRESSおよびFORCEコマンド Ferretユーティリティ(ferret)
圧縮クエリー バンド Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144
DBS制御フィールドのストレージ グループ ストレージ グループ