17.10 - MODIFY - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
構成
Publication ID
B035-1102-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

書き込み可能なDBS制御レコードフィールドの値を変更します。

DISPLAY GroupName コマンドを使用すると、特定のグループのフィールド番号が戻されます。

構文

{ MODIFY | M } [ GroupName field# = value ]

構文要素

GroupName
次のグループのうち、どれがMODIFYコマンドの対象となるかを指定します。
  • GENERAL (一般フィールド)
  • FILESYS (ファイル システム フィールド)
  • PERFORMANCE (パフォーマンス フィールド)
  • CHECKSUM (チェックサム フィールド)
  • STORAGE(デフォルトのストレージの温度)
  • STATISTICS (最適化プログラムの統計フィールド)
  • COMPRESSION (ブロック レベル圧縮フィールド)

名前全体ではなく、各GroupNameを固有に識別する最初の数文字を入力できます。

field
新しい値を受け取るフィールドの名前を指定します。
value
指定したフィールドの新しい値を指定します。
多くの場合は、値は10進値になります。論理フィールドの場合、TRUEまたはT、FALSEまたはFを使用します。すべての値について、各フィールドの値の範囲内にあるかどうかを調べられます。

使用上の注意

  • MODIFYコマンドだけを使用すると、現在のシステムGDOは影響を受けません。MODIFYコマンドは、変更内容が有効になる時期(データベースの次の再始動後またはDBS制御レコードの書き込み後)を示します。
  • オプションを省略すると、グループ名、フィールド番号、およびフィールドの新しい値を入力するようDBS制御ユーティリティの明示的なプロンプトで指示されます。
  • 構成設定への変更は、自動的にログ記録されます。GDOに行なわれた変更の履歴は、システム コンソールからgdomviewコマンドライン ツールを使用して表示することができます。gdomviewオンライン ドキュメントには、manコマンドとpdehelpコマンドを使用して、システム コンソールからアクセス可能です。

例: DBS制御フィールド値の変更

次の例は、Deadlock Timeoutフィールドを変更する方法を示しています。

Enter a command, HELP, or QUIT:
MODIFY GENERAL 3 = 600

The DeadlockTimeout field has been modified from 240 to 600.

NOTE: This change will become effective after the next DBS restart.