17.10 - FLUSH TRACE - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
構成
Publication ID
B035-1102-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

ゲートウェイは、すべての重要なイベントを内部循環バッファに記録し、新しいイベントが記録されると、バッファ内の古いイベントは上書きされます。FLUSH TRACEコマンドは、現在バッファ内にあるイベントをすべてゲートウェイ ログ ファイルに書き込むようにゲートウェイに指示します。これにより、バッファから消えてしまう可能性のある最新のイベントのレコードが保持されます。

FLUSH TRACEは、ENABLE TRACEコマンドやGateway Controlの追跡オプションで追跡がまだ有効化されていない場合に、ゲートウェイの最新のアクティビティを記録することができるので、ゲートウェイの問題の調査に役立ちます。それらのオプションについて詳しくは、Gateway Control (gtwcontrol)を参照してください。

構文規則

{ FLUSH | FL } { TRACE | TRAC }

使用上の注意

FLUSH TRACEコマンドは、ゲートウェイの異常を診断するときに使用できます。

その他の詳細は、ENABLE TRACEおよびDISABLE TRACEを参照してください。

FLUSH TRACEコマンドを使用する場合は、事前にSELECT HOSTコマンドを使用して、セッションの実行元のホスト グループを選択する必要があります。詳細は、SELECT HOSTを参照してください。

ゲートウェイ ログ ファイルの詳細については、Gateway Control (gtwcontrol)を参照してください。

例: ゲートウェイ ログ ファイルへのバッファされたゲートウェイ イベントの書き込み

内部追跡バッファの内容をイベント ログ ファイルに書き込むようゲートウェイに指示するには、次のように入力します。

flush trace