17.10 - RESTART REBUILD - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
構成
Publication ID
B035-1102-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

すべてのテーブルの再作成処理を再始動します(ALL TABLESオプションが指定されたREBUILDコマンド)。

すべてのテーブルにTable Rebuildユーティリティを実行したときにデータベース障害が発生した場合、このコマンドを実行すると再作成プロセスが再始動されます。すでに再作成されたデータベースやテーブルをバイパスして、システム障害の発生時に再作成されていたテーブルから続行できます。

構文

RESTART REBUILD ON AMP nnnn ;

構文要素

nnnn
すでにALL TABLES再作成が実行されたAMPのvproc番号。

使用上の注意

RESTART REBUILDコマンドは、システムの再始動または障害によって終了したすべてのテーブルの再作成処理を再始動します。RESTART REBUILDが実行された後、ユーザーが介入する必要はありません。

Table Rebuildユーティリティは、再作成処理が終了した場所を自動的に判別し、適切な場所から再始動します。Table Rebuildユーティリティは、再作成されるデータベース名と表名が(データベース内のデータベースIDおよび表IDの順番に)リストされたスプール ファイルを使って、再始動する場所を判別します。それぞれのサブテーブル(基本およびフォールバック)を再作成する前に、Table Rebuildユーティリティは、再始動レコードを現行のDBC表のSysRcvStatJournalに書き込みます。

RESTART REBUILDを開始すると、このプログラムは再始動レコードを読み取り、スプール ファイル内の該当する場所から処理します。Table Rebuildユーティリティが完了した後、再始動の行はジャーナル表から削除されます。