17.10 - REBUILD AMP - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
構成
Publication ID
B035-1102-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
指定されたAMP上でデータを再作成します。再作成操作には、以下のものが含まれる場合があります。
  • そのAMPのすべてのテーブル
  • 指定されたデータベースについて: 指定されたデータベース内の基本、フォールバック、またはその両方のデータ型
  • 指定されたテーブルについて: 基本、フォールバック、またはその両方のデータ型、ダウン領域、テーブル ヘッダー、または特定の行範囲

構文規則

REBUILD AMP nnnn {
  { ALL TABLES ALL DATA |

    { dbase | dbase.tbl } { ALL DATA | PRIMARY DATA | FALLBACK DATA }
  }
  [, rebuild_amp_spec [,...] ] |

  dbase.tbl { DOWN REGION | TABLE HEADER | row_range } [ lock_wait_minutes ]

} ;
rebuild_amp_spec
{ LOG INTO logdbase.logtbl |
  NO LOCK [ ON NO FALLBACK TABLES ] |
  WITH { DATABASE | TABLE | ROWRANGE } LOCK |
  [ n TABLES ] IN PARALLEL
}
row_range
SUBTABLE subtable_id ROWRANGE start_rowid end_rowid [ AUTOADJUSTBLOCKS ]

構文要素

nnnn
再作成の対象となるAMPの番号。
ALL TABLES
基本データかフォールバック データかに関係なく、AMPに格納されたすべてのテーブルのデータを再作成するよう指定します。
フォールバック保護のあるテーブルは完全に回復します。フォールバック保護のないテーブルはAMPに空のまま残ります。永久ジャーナルのデータは、重複ジャーナル オプションが指定されていない非フォールバック テーブルのジャーナル行以外はすべて回復します。
再作成するAMPは、vprocの状態がUTILITYで、DBSパーティションを実行している必要があります。そのクラスタ内の他のAMPはすべてオンライン状態である必要があります。
詳細については、使用上の注意を参照してください。
dbase
データベースの名前。このデータベース内のすべてのテーブル(ストアド プロシージャを含む)が、指定したAMPで再作成されます。フォールバック保護のあるテーブルは完全に回復します。フォールバック保護のないテーブルはAMPに空のまま残ります。データベースに永久ジャーナルが含まれている場合、ジャーナルは変更されずに残ります。
DBCデータベースを指定した場合、指定したAMPはオフライン状態である必要があります。それ以外のデータベースの場合は、再作成中にAMPの状態がオンラインであってもオフラインであってもかまいません。
結合インデックスおよびハッシュ インデックスはスキップされて、再作成されません。これは、結合インデックスのフォールバックの有無に関係なく当てはまります。
dbase.tbl
再作成する表、ストアド プロシージャ、UDF、またはUDMの名前。そのテーブルまたはストアド プロシージャの再作成が行なわれるAMPは、オンライン状態またはオフライン状態のいずれであってもかまいません。
指定したテーブルがフォールバック保護されている場合、該当するデータが回復します。テーブルがフォールバック保護されていない場合、ALL DATAまたはPRIMARY DATA再作成オプションが選択されていればテーブルが空のまま残ります。フォールバック保護のないテーブルのフォールバック データを再作成することはできません。
ALL DATA
AMPに格納された基本データとフォールバックデータの両方のテーブルを再作成するように指定する。AMPの基本データだけが破損したのか、フォールバック データだけが破損したのかが明らかではない場合に推奨されます。
PRIMARY DATA
AMPに格納された基本データのテーブルだけを再作成するように指定する。
破損したのはAMPの基本データのみであることが明らかな場合以外は、ALL DATAオプションを使用してください。
FALLBACK DATA
AMPに格納されたフォールバック データのテーブルだけを再作成するように指定する。
破損したのはAMPのフォールバック データのみであることが明らかな場合以外は、ALL DATAオプションを使用してください。
DOWN REGION
指定されたテーブルのダウン領域のみ再作成する。
ダウン領域は、Vantageによってファイル システム エラーが検出された行範囲のことです。それらの行は「ダウン」のマークが付けられます。フォールバック コピーからそのデータを再作成できます。
TABLE HEADER
指定されたAMP上にテーブル ヘッダーを再作成する。システム内の少なくとも1つのAMPがオンラインでなければなりません。再作成の結果として、表ヘッダー行のうちフィールド4、6、および10の情報が失われる場合があります。それらのフィールドについて詳しくは、<Teradata Vantage™ - データベースの設計、B035-1094>を参照してください。
SUBTABLE subtable_id
特定のサブテーブルを再作成する。
subtable_idは、再作成するサブテーブルを識別する16進形式の、ゼロでない16ビット数値です。
例えば、400は指定されたテーブルの基本データ サブテーブルを表わし、800は基本データのフォールバック データ サブテーブルを表わします。
ROWRANGE start_rowid end_rowid
指定された行範囲を再作成します。
行IDの形式は、以下の5個の16進値で構成されます。
  • パーティション番号: 16進形式の64ビット数値。非パーティション テーブルの場合は0。
  • hash0: 16ビットの16進数値
  • hash1: 16ビットの16進数値
  • unique0: 16ビットの16進数値
  • unique1: 16ビットの16進数値
各16進数値には、オプションの接尾部としてHを含めることが可能です。
有効な行IDの例:
0H B334 4BFA 00 01
0 B334H 4BFA 00H 01
0H B334H 4BFAH 0H 1H
0 B334 4BFA 0 1
AUTOADJUSTBLOCKS
指定された行範囲が不正ブロックの途中で開始または終了している場合に、ブロックの全体が含まれるようにするため、指定された行範囲はTable Rebuildによって自動的に調整されるように指定します。
このオプションが指定されていない場合、行範囲が不正なデータ ブロックの途中で開始または終了している場合は、REBUILDからエラーが返されます。
lock_wait_minutes
Table Rebuildが表ロック取得を待機する時間(分)。デフォルトはゼロであり、その場合REBUILDは無期限に待機します。
LOG INTO logdbase.logtbl
テーブル再作成ユーティリティを静止モード(バックグラウンド モード)で実行するよう指定します。すべてのメッセージが、システム コンソールおよびユーザー定義のテーブルに書き込まれます。そのテーブルは、データベース名と表名で指定されます。詳細は、使用上の注意を参照してください。
NO LOCK [ON NO FALLBACK TABLES]
ロックなしの設定を、再作成するすべての非フォールバック テーブルに適用するよう指定します (非フォールバック テーブルとは、フォールバック保護なしで作成されたテーブルのことです)。
デフォルトでは、フォールバック保護のないテーブルには、テーブル ヘッダーに再作成の処理中であることを示すフラグが設定されます(テーブル ヘッダー行のフィールド4に‘再作成の進行中’と表示されます)。これによって、それらのテーブルで許可される操作を制限するロックが適用されます。フラグが設定されている限り、それらのテーブルを削除または復元したり、それらのテーブルに対して再作成を再実行したりすることはできません。
このフラグを削除するには、次のいずれかを実行してください。
  • NO LOCKオプションを使ってテーブルを再作成する
  • テーブルを削除する
  • テーブルを復元する
NO LOCKオプションを使用すると、これらのテーブルにフラグとロックが設定されなくなります。このオプションは、そのテーブルへのアクセスが重要ではなくなった場合に使用します。非フォールバック テーブルを再作成すると、テーブルの内容は削除されます。
ON NO FALLBACK TABLESは、このオプションへの影響はありませんが、コンソール表示をより明確にするためにオプションで入力できます。
WITH DATABASE LOCK
破損した各テーブルの再作成に使用されるソースAMPデータベースのデータに対して、データベース レベルの読み取りロックを設定するよう指定します。これは、ロックのデフォルト設定値です。
このオプションは、ALL TABLESオプションが指定されている場合のみ有効です。
WITH TABLE LOCK
破損したテーブルの再作成に使用されるソースAMPのテーブルに対して、テーブル レベルの読み取りロックを設定するよう指定します。
このオプションは、ALL TABLESオプションが指定されている場合のみ有効です。
WITH ROWRANGE LOCK
破損したテーブルの再作成に使用されるソースAMPのテーブルに対して、ローリング読み取りロック(行のみのロックのうち選択したグループ)を設定するよう指定します。このロックによって、ソースAMP上で再作成に使用されるテーブルを同時に更新することができます。
列パーティション テーブルの場合、フル テーブル ロックが使用されます。
このオプションは、ALL TABLESオプションが指定されている場合のみ有効です。
[n TABLES] IN PARALLEL
すべてのテーブルの再作成(ALL TABLESを使用した再作成)、フォールバック テーブルの再作成(FALLBACK TABLESを使用)、またはデータベースの再作成(前述のdbaseオプションを使用)の際に、複数のテーブルを並行して再作成するよう指定します。これにより、再作成操作が完了するまでの時間を短縮できます。同時に再作成できるテーブルの数は2~255個です。
nは、並行して再作成するテーブルの数を示す2~255の範囲の整数です。nTABLESが指定されていない場合、並行して再作成されるテーブルの数のデフォルトは6です。
ALL TABLES ALL DATAで再作成する際にVantageがリセットされても、再作成プロセスの再始動時(RESTART REBUILDを参照)にIN PARALLELの設定は保持され、引き続きテーブルが並行して再作成されます。
IN PARALLELオプションをALL TABLES、FALLBACK TABLES、またはdbaseオプションと一緒に使用した場合、データベースは再作成の並行プロセスがすべて完了するまでロックされます。