17.10 - BlockLevelCompression - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
構成
Publication ID
B035-1102-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

ブロック レベル圧縮(BLC)機能が有効になっているかどうかを示します。この機能を使用すると、DBS制御フィールドの圧縮グループの他の設定による、異なるカテゴリのテーブルのデータ ブロック(DB)の圧縮が可能になります。

フィールド グループ

圧縮

有効な設定値

設定 説明
On BLC機能は有効になります。異なるカテゴリのテーブルのDBは、圧縮グループの他の設定によって、圧縮される場合と圧縮されない場合があります。
Off BLC機能は、温度ベースのBLCを含め、すべてのカテゴリのテーブルに対して無効になります。新規に作成されたデータ ブロックは圧縮されません。圧縮されている既存のブロックは、圧縮されたままになります。これらのブロックは、FerretユーティリティのUNCOMPRESSコマンドを使用して圧縮解除できます。

FerretのCOMPRESSコマンドは無効です。

デフォルト

OFF

変更の反映

DBS制御レコードへの書き込みが行なわれた後。

使用上の注意

BLCは、Teradataファイル システムのデータ ブロック(DB)レベルでのデータ圧縮を可能にします。圧縮により所定のデータ量に必要なストレージの量が低減されます。DBS制御のBlockLevelCompressionフィールドで、BLCを有効または無効にできます。

BLCにより、圧縮および圧縮解除の動的処理におけるCPU使用率が増加します。このため、圧縮されたテーブルでの特定の操作では、圧縮解除されたテーブルでの同様の操作よりもCPUリソースを大幅に使用する場合があります。ハードウェアベースのBLC (システム ノードごとに圧縮エンジン ボードを使用)がCPU使用率に与える影響はきわめてわずかです。システムのCPUが十分でない限り、その他のワークロードに影響を及ぼし、応答までの経過時間が長くなる可能性があります。ただし、状況によってはI/O帯域幅の減少のため、BLCによってデータベースのパフォーマンスが向上する可能性もあります。

BlocklevelCompressionは、データ ブロックの圧縮を指定するためにBlockCompressionクエリー バンドを使用してロードされたテーブルにも影響します。BlockLevelCompressionがOffの場合、これらのテーブルに追加されたデータは圧縮されません。

DBS制御のPermDBSize設定とJournalDBSize設定は、これらのタイプのDBで圧縮解除サイズに対して適用されます。

関連情報

詳細情報 参照先
ブロック レベル圧縮 Teradata Vantage™ - データベースの設計、B035-1094
COMPRESSおよびUNCOMPRESSコマンド Ferretユーティリティ(ferret)
BLOCKCOMPRESSIONクエリー バンド Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144