17.10 - REBUILD/RECOVERY PRIORITY - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
構成
Publication ID
B035-1102-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

REBUILD/RECOVERY PRIORITYコマンドにより、Table RebuildユーティリティとTeradataシステム回復操作で使う優先順位レベルを設定または表示します。

構文

{ REBUILD | RECOVERY } PRIORITY [ HIGH | MEDIUM | LOW ] ;

使用上の注意

優先順位を設定すると、現在実行中の操作だけでなく今後の操作にも適用されます。PRIORITYコマンドの形式は、以下のとおりです。

どちらの優先順位も相互に独立したものであり、いつでも異なる値を指定できます。ですから、回復で開始した再作成では、再作成の優先順位ではなく、回復の優先順位が使われます。HIGH、MEDIUM、またはLOWを指定しないでコマンドを入力すると、現在の優先順位の設定が表示されます。

REBUILD PRIORITYコマンドは、コンソールから開始したTable Rebuildユーティリティにも、ディスク エラー回復によるテーブルの自動再作成にも、関与していないオンラインAMP用のターゲット テーブルのMLOAD再作成にも適用されます。

REBUILD PRIORITYコマンドにより、Table Rebuildユーティリティで使う優先順位を設定します。HIGH、MEDIUM、またはLOWレベルの優先順位を選択できます。明示的に優先順位を設定しないと、デフォルト レートが使用されます。新しい優先順位を入力しないと、現在の優先順位の設定が表示されます。

RECOVERY PRIORITYコマンドで、Teradataシステム回復操作時の優先順位を設定します。HIGH、MEDIUM、またはLOWレベルの優先順位を選択できます。明示的に優先順位を設定しないと、現在の優先順位の設定が表示されます。優先順位の設定は、Recovery Statusのシステム テーブルに保存されます。