17.10 - BLCINFO - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
構成
Publication ID
B035-1102-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

指定したブロック レベル圧縮(BLC)の組み合わせにより、空のテーブルに追加される行データで予想される初期圧縮状態を示します。

このコマンドでは、別の圧縮設定の組み合わせによる、サブテーブルの初期圧縮状態を表示します。あくまで計画の上であり、実際にシステムの圧縮設定が変更されることはありません。
圧縮状態は、次の4つのサブテーブルに対してリストで示されます。
  • プライマリ データ サブテーブル
  • フォールバックデータ サブテーブル
  • 基本CLOBデータ サブテーブル
  • フォールバックCLOBデータ サブテーブル

構文規則

{ BLCINFO | BLCI } {

  [ALL] { BLOCKCOMPRESSIONTLA | BLOCK } =
    { AUTOTEMP | MANUAL | ALWAYS | NEVER | DEFAULT }
    { DEFAULTTABLEMODE | DEFAULT } =
    { AUTOTEMP | MANUAL | ALWAYS | NEVER | USEDBSCONTROL } |

  { FLOWDIAGRAM | FLOW } |

  { ALGORITHM | ALGO }
}

構文要素

BLOCKCOMPRESSIONTLA
BLOCK
BLOCKCOMPRESSIONテーブル レベル属性の有効な設定を指定します。これは、CREATE TABLEでテーブルを作成、またはALTER TABLEでテーブルを変更した場合に適用される設定です。CREATE TABLEオプションおよびALTER TABLEオプションの詳細については、<Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144>を参照してください。
DEFAULTTABLEMODE
DEFAULT
DBS制御のDefaultTableModeで有効な設定値を指定します。DefaultTableModeの詳細については、<Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ、B035-1102>でDBS制御の説明を参照してください。
USEDBSCONTROLの場合、DBS制御で現在設定されているDefaultTableMode値を使用します。
ALL
BLOCKCOMPRESSIONTLAオプションおよびDEFAULTTABLEMODEオプションを選択した場合、その他の圧縮設定やクエリー バンドのあらゆる組み合わせにおいて、どのサブテーブル データが圧縮されるのかを示します。
FLOWDIAGRAM
FLOW
いくつかのBLC設定に基づき、サブテーブルを圧縮 圧縮解除するかどうかを判断する内容を記述した流れ図を表示します。
ALGORITHM
ALGO
いくつかのBLC設定に基づき、サブテーブルを圧縮 圧縮解除するかどうか判断するためのアルゴリズムを記述した、擬似コードを表示します。

使用上の注意

BLCの固有条件を記述する必要がある場合、DBS制御およびクエリー バンドの設定についてプロンプトが出されます。

4つのサブテーブルタイプそれぞれの圧縮状態は、圧縮の場合はC、非圧縮の場合はUが示されます。

この圧縮状態は、空のテーブルに追加されたデータの初期圧縮状態のみ表します。温度ベースのBLC(TBBLC)が有効な場合、AUTOTEMPのBLOCKCOMPRESSION値により、時間経過にともない表の圧縮状態が変更する場合があります。

テーブル レベル属性BLOCKCOMPRESSION = AUTOTEMPは、テーブルの作成時または変更時に、明示的に指定できます。DBS制御でDefaultTableModeがAUTOTEMPに設定されている場合、テーブルでこの属性値が別途指定されていない限り、BLOCKCOMPRESSIONは自動的にAUTOTEMPに設定されます。AUTOTEMPが設定されている表の場合、データはアクセス頻度に応じて自動的に圧縮または圧縮解除されます。

例: BLCINFOを使用した新たにロードされたデータの予想される圧縮状態の表示

以下の例では、DBS制御の圧縮設定における所定の組み合わせで、クエリー バンドBLOCKCOMPRESSION = FALLBACKを使用して、テーブル レベル属性BLOCKCOMPRESSION = MANUALで新規作成された空のテーブルにデータをロードする場合、すべての基本データ(通常およびCLOB)が非圧縮状態でロードされますが、テーブルのフォールバック データはすべて圧縮されます。

Ferret  ==>
blcinfo blockcompressiontla=manual defaulttablemode=manual

Enter BLOCKCOMPRESSION Query Band:
1. DEFAULT
2. YES
3. NO
4. ALL
5. NONE
6. FALLBACK
7. ONLYCLOBS
8. WITHOUTCLOBS
9. FALLBACKANDCLOBS
> 6

DBSControl Compression Group
----------------------------
Enter CompressPermFallbackDBs:
1. UNLESSQBNO
2. NEVER
3. ONLYIFQBYES
> 1

Enter CompressPermFallbackCLOBDBs:
1. UNLESSQBNO
2. NEVER
3. ONLYIFQBYES
> 1

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
|    Query Band    |                     DBSControl Tunables                      ||   Primary   |  Fallback   |
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
| BLOCKCOMPRESSION |  PrimaryDBs | PrimaryCLOBDBs | FallbackDBs | FallbackCLOBDBs || Base | CLOB | Base | CLOB |
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
|         FALLBACK |           * |              * |  UNLESSQBNO |      UNLESSQBNO ||    U |    U |    C |    C |
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
- C - This subtable will load compressed
  U - This subtable will load uncompressed

- The DBSControl Compression group field BlockLevelCompression must be set to ON otherwise
  no compression will take place.

- Fallback secondary indexes follow the compression state of the Fallback base subtable.
  Primary subtable secondary indexes are not eligible for compression.

- The result only applies to Permanent tables. To get the results
  for Global Temporary tables substitute CompressPerm___DBs
  with CompressGlobalTemp___DBs. Where ___ stands for Primary,
  Fallback, PrimaryCLOBs, FallbackCLOBs.