17.10 - LockLogger遅延フィルタ[廃止予定] - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
構成
Publication ID
B035-1102-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

遅延時間に基づいて、ブロックされたロック リクエストのログ フィルタリングを有効または無効にします。

コマンド ラインLock Loggerユーティリティ(dumplocklog)および関連するDBS制御設定は廃止予定ですが、以前のリリースとの互換性を保つために引き続き使用できます。データベース ロックはデータベース問合わせログ(DBQL)を使用してログに記録する必要があります。このロック情報には、Teradata Viewpoint ロック ビューア ポートレットを使用して、またはDBC.QrylockLogXMLVビューに対する問合わせを行なうことによってアクセスできます。
  • DBQLの詳細については、<Teradata Vantage™ - データベースの管理、B035-1093>および<Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144>の「BEGIN QUERY LOGGING文」を参照してください。
  • ロック ビューア ポートレットの詳細については、<Teradata® Viewpointユーザー ガイド、B035-2206>を参照してください。

フィールド グループ

一般

有効な設定値

設定 説明
TRUE フィルタリングを有効にします
FALSE フィルタリングを無効にします

デフォルト

FALSE

LockLoggerフィールドがFALSEに設定されている場合、LockLogger Delay FilterフィールドとLockLogger Delay Filter Timeフィールドは無効になります。

変更の反映

DBS制御レコードへの書き込みが行なわれた後。