17.10 - SET LOGTABLE - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
構成
Publication ID
B035-1102-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

任意のResUsageテーブルへのロギングを有効または無効にします。

構文規則

SET LOGTABLE { tablename | ALL } { OFF | ON }

構文要素

tablename
ロギングを有効または無効にするResUsageテーブルの名前。
ResUsageテーブル名 説明
spma システム全体のノード情報が格納されます。一般に使用中のシステムで使用されることはありません。
ipma システム全体のノード情報が格納されます。一般に使用中のシステムで使用されることはありません。
svpr 仮想プロセッサとそのファイル システムに固有のデータが格納されます。
ivpr システム全体の仮想プロセッサ情報が格納されます。一般に使用中のシステムで使用されることはありません。
scpu ノード内のCPUの統計が格納されます。
sldv システム全体の記憶装置の統計が格納されます。
spdsk pdiskのI/O、シリンダ割り当て、および移行の統計が格納されます。
svdsk AMPの関連付けられたストレージから収集された統計が格納されます。
sawt AMPワーカー タスク(AWT)固有のデータが格納されます。
sps ワークロードのリソース使用状況データが含まれています。
shst Vantageと通信するホスト チャネルおよびLANの統計が格納されます。
smhm MAPSの統計が含まれています。
これらのテーブルの詳細については、<Teradata Vantage™ - リソース利用マクロおよびテーブル、B035-1099>を参照してください。
ALL
ONオプションとOFFオプションのどちらが指定されるかに応じて、すべてのResUsageテーブルのロギングを有効または無効にします。
ON
指定されたResUsageテーブルのロギングを有効にします。
OFF
指定されたResUsageテーブルのロギングを無効にします。

使用上の注意

テーブルを記録するためには、テーブルでロギングを有効にして、対応するロギング頻度を0以外の値に設定する必要があります。

ロギングは、Control GDOエディター(ctl)ユーティリティのRSS画面からも設定できます。詳細は、Control GDOエディタ(ctl)を参照してください。

ResUsageテーブルへのロギングが有効になっているか無効になっているかを表示するには、GET LOGTABLEを参照してください。

例: すべてのResUsageテーブルのロギングの有効化

次の例では、現在のシステムのすべてのResUsageテーブルでロギングを有効にしています。

set logtable all on

GET LOGTABLEコマンドを使用すると、すべてのResUsageテーブルでロギングが有効になっているかどうかを表示できます。詳細は、GET LOGTABLEを参照してください。