17.10 - HTMemAlloc - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
構成
Publication ID
B035-1102-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

ハッシュ結合に使用するハッシュ テーブルに割り当てられるキャッシュ メモリの割合を指定します。ハッシュ結合は特定の条件下でマージ結合に対する最適化で使用されます。

この フィールドは、Teradataサポート センターの指示によってのみ変更するようにしてください。

フィールド グループ

パフォーマンス

有効な範囲

0~10

ゼロに設定すると、ハッシュ結合は最適化で使用されなくなります。

デフォルト

10

変更の反映

DBS制御レコードへの書き込みが行なわれた後。

使用上の注意

スキューが低い場合、ハッシュ結合によってパフォーマンスが向上することがあります。

HTMemAllocの値を大きくすると、より大きなテーブルにハッシュ結合の最適化が適用されるようになります。

最適化プログラムは、HTMemAllocの値を使用して、次のようにハッシュ テーブルのサイズを決定します。

Hash Table Size = (HTMemAlloc/100) * 20 MB

20 MBは、Vantageがハッシュ結合に割り当てた最大メモリ量です。

関連情報

詳細情報 参照先
SkewAllowanceフィールド SkewAllowance
ハッシュ テーブル サイズの計算と可能値 Teradata Vantage™- SQLリクエストおよびトランザクション処理、B035-1142