17.00 - 17.05 - 算術演算子 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLの日付/時刻関数と式

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1211-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

Period値に対して間隔値を加算または減算します。または、間隔値にPeriod値を加算します。

構文

period_expression {+|-} interval_expression
period_expressioninterval_expressionの順序は重要ではありません。
period_expression

変換するPERIOD式。

PERIODデータ型と評価される任意の式。

interval_expression

INTERVALデータ型と評価される式。

pは構成要素の型がDATEまたはTIMESTAMPの期間式で、vは間隔式だとします。
  • p + vおよびv + pは、どちらも次と等価になります。
    PERIOD(BEGIN(p) + v, CASE WHEN END(p) IS UNTIL_CHANGED THEN END(p) ELSE (END(p) + v) END)
  • p - vは、次と等価になります。
    PERIOD(BEGIN (p) - v, CASE WHEN END(p) IS UNTIL_CHANGED THEN END(p) ELSE (END(p) - v) END)
pは構成要素の型がTIMEの期間式で、vは間隔式だとします。
  • p + vおよびv + pは、どちらも次と等価になります。
    PERIOD(BEGIN(p) + v, END(p) + v)
  • p - vは、次と等価になります。
    PERIOD(BEGIN (p) - v, END(p) - v)