17.20 - インストールの確認 - BAR - Data Stream Architecture - Data Stream Utility

Teradata® DSA - DSU インストール、構成、およびアップグレード ガイド

Product
BAR
Data Stream Architecture
Data Stream Utility
Release Number
17.20
Published
2022年3月
Content Type
インストール
構成
Publication ID
B035-3153-101K-JPN
Language
日本語 (日本)
前提条件インストール中に障害が発生した場合は、続行する前に、手順末尾の構成スクリプトを実行する必要があります。
DSAコンポーネントのインストール中に、ユーザー アカウント、初期化スクリプト、および環境変数が作成されます。これらの項目をチェックすると、適切なインストールであることを確認できます。
  1. ClientHandler Webサービスがすべてのメディア サーバーで実行していることを確認します。
    /etc/init.d/clienthandler status
  2. インストールを確認します。
    rpm -q DSC ClientHandler BARCmdline
    このコマンドは、インストールされているパッケージのリストを返します。
  3. 適切なuidでDSCUSERが作成されたことを確認します。
    id -u dscuser

    応答は正しく、インストール中に構成されたuidを返します。

  4. Linux環境変数を設定するには、ログオフしてからDSCに再度ログインします。
  5. list_jobsを実行して、コンポーネントを確認します。
    dsc list_jobs
    このコマンドは、新規インストールで以下を返します。
    no job is found
  6. Viewpointサーバーで、BARポートレットを確認します。
    rpm -qa |grep barportlets