17.20 - DSAポート - BAR - Data Stream Architecture - Data Stream Utility

Teradata® DSA - DSU インストール、構成、およびアップグレード ガイド

Product
BAR
Data Stream Architecture
Data Stream Utility
Release Number
17.20
Published
2022年3月
Content Type
インストール
構成
Publication ID
B035-3153-101K-JPN
Language
日本語 (日本)

物理的に同じDSCサーバーにデプロイする場合、AMQブローカーとDSAネットワーク クライアント(ClientHandler)(NC)は、次のポートのDSAコンポーネントからのリクエストをリスニングします。

DSA NCにはClientHandlerのパッケージが含まれています。
DSAポート
AMQブローカーとDSAネットワーク クライアント(ClientHandler)がDSAコンポーネントからのリクエストをリスニングするポート

AMQブローカー

オープン ワイヤ構成では、AMQブローカーは次のソースから発信されるリクエストをポート61616(デフォルト)でリスニングします。
  • 構成、ジョブ定義、実行、ジョブ ステータス プロセス中のBARコマンド ライン コンポーネント(BAR CLI)
  • 構成プロセス中のBARセットアップ ポートレット
  • ジョブの定義、実行、およびステータス プロセス中のBARオペレーション ポートレット
  • ジョブの実行(バックアップ、復元、および検証分析プロセス)に関する受信ステータスのDSmain
  • ジョブの実行(分析読み取りプロセス)に関する受信ステータスのDSA NC

ActiveMQをSSLに対して構成する場合、デフォルトのポートは61617です。

DSAネットワーク クライアント(ClientHandler)

DSA NCは、DSAジョブ プランに関連する任意のTPAノードからのソケット リクエストをポート15402(デフォルト)でリスニングします。

増分バックアップからの復元ジョブの実行中に、複数のDSA NCプロセスは、デフォルトのポート15402上でWebサービスを使用して一時ファイルを共有します。

NewSQL Engine/Teradata Databaseノード

データベース ノード(ソースまたはターゲットとして使用)は、次のソースから発信されるすべてのJDBCリクエストをポート1025(デフォルト)でリスニングします。
  • システム セレクタ構成中のBARセットアップ ポートレット
  • データベース オブジェクトの拡張が必要な場合は、ジョブ作成中のBARオペレーション ポートレットおよびバックアップ ジョブ プランの実行中のDSC。これは、バックアップ ジョブに<database_name> include ALLというキーワードを含むオブジェクトが含まれている場合です。

データベース ノードは、TPAマスター ノードから発信されるすべてのジョブ プラン リクエストを、CLIv2を介してポート1025でリスニングします。TPAマスター ノードは、JMSを介してDSCからジョブ プランを受信します。