17.20 - データ ストリーム コントローラ(DSC)プロパティ - BAR - Data Stream Architecture - Data Stream Utility

Teradata® DSA - DSU インストール、構成、およびアップグレード ガイド

Product
BAR
Data Stream Architecture
Data Stream Utility
Release Number
17.20
Published
2022年3月
Content Type
インストール
構成
Publication ID
B035-3153-101K-JPN
Language
日本語 (日本)
インストール後は、どのプロパティ設定も編集しないでください。 変更が加えられた場合、変更内容はDSCおよびClientHandlerが再起動されるまでは有効になりません。
プロパティ 説明 デフォルトの設定
broker.url ActiveMQブローカー(tdactivemqがインストールされている)を実行しているマシン(通常はDSCサーバー)のホスト名またはIPアドレス。  
broker.port ActiveMQブローカーがリスニングしているサーバー上のポート番号(tcpの場合は61616、sslの場合は61617)。デフォルト: 61616 61616
broker.type ActiveMQ接続のタイプ(tcpまたはssl)。tcpを選択した場合、ActiveMQ接続はインストール中に検証されます。sslを選択した場合、ActiveMQ(jms ssl)パスワードはDSA REST API httpsパスワードと一致する必要があります。デフォルト: tcp tcp
dataset.retention.days 保存セット(またはデータ セット)がバックアップ アプリケーション上で期限切れになるリスクがあるかどうかを判別するため、前掲のcheckretentionに使用される日数を示します。この値は、DSAネットワーク クライアント(ClientHandler)に送信する保存セットのリストをコンパイルするため、checkretentionタスクとsync_save_setsユーザー コマンドの両方に使用されます。 30日
dsarest.webservice.host Webサービスが実行されるDSARest Webサービス ホスト。ホストは通常、DSCサーバーです。  
dsc.name DSCの名前。  
executormanager.maxConcurrentJobs DSC上で同時に実行を許可されるジョブの最大数 100
executormanager.maxQueuedJobs キューに保持され、スロットが使用可能になったときに実行されるジョブの最大数 20
fullExport.landingZone -E|-full_exportパラメータをjob_status_logコマンドと使用したときにジョブ ステータス ログが出力されるDSCサーバー上のディレクトリ。 /var/opt/teradata/dsa/export
log4j.rootLogger DSCコンポーネントのロギング レベル INFO
その他の値:
  • ERROR
  • WARN
  • DEBUG
log4j.appender.logfile.file ログ ファイルの場所  
log4j.appender.logfile ロギング インフラストラクチャの内部設定  
log4j.appender.logfile.maxFileSize バックアップ ファイルにロール オーバーするまでのロギング ファイルの最大サイズ 10 MB
log4j.appender.logfile.maxBackupIndex 作成されるバックアップ ロギング ファイル数。作成されたファイルが最大数に達すると、最も古いファイルが消去されます。 20
log4j.appender.logfile.layout ロギング インフラストラクチャの内部設定  
log4j.appender.logfile.layout.ConversionPattern ログ ファイル レイアウトのパターン  
logger.useTviLogger TVI ロギングをオンまたはオフに設定します。true に設定すると、致命的なエラーのメッセージをTVI に送信できます。 true
maxlimit.fabric Teradataシステムごとに許可されるファブリック数。 64
startup.retry.interval DSCスタートアップ時のActiveMQへの接続を再試行する時間間隔(秒単位) 300
tvi.retry エラー メッセージがTVIに報告される前にDSCがDSCスタートアップ時にActiveMQへの接続を再試行する回数 10
validate.fabric DSCでジョブの実行時にファブリック構成を検証します。 on
viewpoint.url Viewpointが実行されているシステムのホスト名またはIPアドレス  
viewpoint.port Viewpointが待機しているマシンのポート番号 80
cam.activemq.host アラート メッセージを可能にする、プライマリCAMシステムのホスト名またはIPアドレス  
cam.activemq.port プライマリCAMシステムのCAMポート番号

[DSA16.20.51以降]このバージョンでは、CAMはSSLをサポートしません。ポートは61616である必要があります。

61616
cam.cluster.enabled CAMクラスタリングを可能にするためのフラグ false
cam.clustered.activemq.host アラート メッセージを可能にする、プライマリおよびフェールオーバーCAMシステムのホスト名またはIPアドレス  
cam.clustered.activemq.port CAMポート番号

[DSA16.20.51以降]このバージョンでは、CAMはSSLをサポートしません。ポートは61616である必要があります。

61616
autodeletejob.cronstring 削除がスケジュールされたリタイアしたジョブが削除される時刻。

この文字列は、有効なcron表現の形式である必要があります。cron表現は6つの必須フィールドと1つのオプション フィールドから構成され、各フィールドは1つの空白文字で区切られています。フィールドは次のようになります。Seconds Minutes Hours Day-of-month Month Day-of-week Year (optional)

autodeletejob.cronstring=0 0 0 * * ?

デフォルトでは、削除ジョブが毎晩0時0分0秒(午前0時)に実行されます。

message.timeToLive JMSメッセージのtime-to-live構成 1200000