17.20 - インストール環境の決定 - BAR - Data Stream Architecture - Data Stream Utility

Teradata® DSA - DSU インストール、構成、およびアップグレード ガイド

Product
BAR
Data Stream Architecture
Data Stream Utility
Release Number
17.20
Published
2022年3月
Content Type
インストール
構成
Publication ID
B035-3153-101K-JPN
Language
日本語 (日本)

DSUシステムのハードウェア コンポーネントとソフトウェア コンポーネントは、環境要件に応じて異なる構成でインストールして使用できます。例えば、DSCリポジトリおよびソフトウェアは、VM、Managed Storage Server、またはパブリック クラウドにインストールできます。DSAネットワーク クライアント(ClientHandler)ソフトウェアは、SQLエンジン/Teradata Databaseノード、Managed Storage Server、またはパブリック クラウドにインストールできます。ノードのパフォーマンスと格納場所は、インストール環境を決定する際の2つの要因になります。

ノードのパフォーマンスはどの程度重要か?

ノードのパフォーマンスが重要な場合は、SQLエンジン/Teradata DatabaseノードがBAR処理機能を実行する必要がなくなるように、DSCとDSAネットワーク クライアント(ClientHandler)ソフトウェアをManaged Storage Serverにインストールします。

ノードのパフォーマンスがハードウェアの可用性とコストほど重要ではない場合は、DSCをVMにインストールして実行し、DSAネットワーク クライアント(ClientHandler)SQLエンジン/Teradata Databaseノードにインストールして実行することを考慮します。典型的なDSUの実装では、データベース ノードにClientHandlerをインストールし、DSCをDSCサーバーまたはVMにインストールします。

ストレージ構成の決定

ストレージの構成において最初に問題となるのは、バックアップ データの格納場所です。例えば、Managed Serverは格納場所として使用されるか、その場合に環境にはNFSが含まれるか、含まれない場合にDD Boostはインストールされるか、などの問題です。NFSを使用する環境では、NFSマウント ポイントを設定する必要があります。DD Boost、Amazon S3、Azure Blob、またはGoogle Cloudを使用する環境では、アクセス モジュールをインストールする必要があります。