17.20 - SSLまたはTCPのActiveMQの構成 - BAR - Data Stream Architecture - Data Stream Utility

Teradata® DSA - DSU インストール、構成、およびアップグレード ガイド

Product
BAR
Data Stream Architecture
Data Stream Utility
Release Number
17.20
Published
2022年3月
Content Type
インストール
構成
Publication ID
B035-3153-101K-JPN
Language
日本語 (日本)
ActiveMQスクリプトは、SSLまたはTCPの環境を準備します。
SSL機能はオプションであり、デフォルトでオフにされます。
  1. DSCサーバーの$DSA_DSC_ROOTディレクトリにあるactivemq_ssl_setup.shスクリプトを実行して、SSLまたはTCP向けにActiveMQを構成します。
  2. ActiveMQディレクトリのプロンプトで、/opt/teradata/tdactivemq/apache-activemq-5.xx.xxなどのように、ActiveMQディレクトリへのフルパスを入力します。
  3. ActiveMQ接続のプロンプトには、次のいずれかを選択します。
    • SSL
    • TCP
  4. SSLを選択する場合は、Keystoreパスワード プロンプトでキーストアを作成するために使用するパスワードを入力します。パスワードの長さは6文字以上にする必要があります。
    DSARestをhttpsに設定すると、SSLキーストア パスワードはDSARestキーストア パスワードと一致している必要があります。