17.20 - SSLキーと証明書の削除によってTCPに加える変更 - BAR - Data Stream Architecture - Data Stream Utility

Teradata® DSA - DSU インストール、構成、およびアップグレード ガイド

Product
BAR
Data Stream Architecture
Data Stream Utility
Release Number
17.20
Published
2022年3月
Content Type
インストール
構成
Publication ID
B035-3153-101K-JPN
Language
日本語 (日本)
SSLキーと証明書を削除してSSLからTCP構成に切り替える必要があります。手動でSSLの自己署名キーと証明書を設定するステップでは、手動でTCPに戻す必要があります。
  1. -Cオプションでssl_setup_cert_wrapper.shスクリプトを使用して、ActiveMQディレクトリ内の構成ファイルをクリーンアップします。スクリプトは、$DSA_DSC_ROOTディレクトリにあります。スクリプトはssl_setup_cert_wrapper.sh [-h] [-C] [-a activemq_dir]のように使用します。次に、スクリプトについて説明します。
    オプション 説明
    -h ヘルプ情報を表示します。
    -C 指定されたActiveMQディレクトリの構成ファイルをクリーン アップします。
    -a ActiveMQがインストールされているディレクトリを指定します。
  2. ディレクトリのプロンプトで、ActiveMQディレクトリのフルパスを/opt/teradata/tdactivemq/apache-activemq-5.xx.xxのように入力します。
    ActiveMQは証明書が削除された後に再起動します。