17.20 - PUTを使用したBARポートレット ソフトウェアのインストール - BAR - Data Stream Architecture - Data Stream Utility

Teradata® DSA - DSU インストール、構成、およびアップグレード ガイド

Product
BAR
Data Stream Architecture
Data Stream Utility
Release Number
17.20
Published
2022年3月
Content Type
インストール
構成
Publication ID
B035-3153-101K-JPN
Language
日本語 (日本)
前提条件BARポートレット ソフトウェアをViewpointサーバーにインストールする前に、DSAコンポーネントをDSCサーバーまたはDSAメディア サーバーにインストールしておく必要があります。
重要: この手順を使用してBARポートレット ソフトウェアをアップグレードすることはできません。アップグレードのためには、BARPortletsパッケージのインストールを使用してください。

BARポートレットソフトウェアをViewpointサーバーにインストールします。クラスタ化された環境に2つ以上のViewpointポータルがある場合、それらをクラスタ環境の一部とするためには、BARポートレットをすべてのポータルインスタンスに配置する必要があります。詳細については、<Teradata® Teradata Viewpointインストール、構成、アップ グレード ガイド、ユーザー用、B035-2207>を参照してください。

  1. barportlet-xx.xx.xx.xx-1.noarch.tar.gzをViewpointサーバーの/var/opt/teradata/ccnumber/pkgsディレクトリに移動します。
  2. PUTを開始します。
  3. メイン画面で、Install/Upgrade Software(ソフトウェアのインストール/アップグレード)を選択してNex(次へ)をクリックします。
  4. Configuration Mode(構成モード)画面で、Typical(標準)を選択してNex(次へ)をクリックします。
  5. Network Subnet Selection(ネットワーク サブネット選択)127.0.0.0 (LOOPBACK)を選択して、Nex(次へ)をクリックします。
  6. Select Nodes(ノードの選択)で、Selected(選択済み)リスト内のノード名がlocalhost(ローカルホスト)(Linux)であることを確認し、Nex(次へ)をクリックします。
    警告メッセージが表示されたら、Ignore(無視)をクリックします。
  7. System Information Warning(システム情報の警告)画面で、Nex(次へ)をクリックします。
  8. System Check Found Problems(システム チェックで問題が見つかりました)画面が表示された場合は、注意が必要な問題がないことを確認して(または修正が必要な問題を修正して)、Ignore(無視)をクリックします。
  9. Select Spool Area for Linux Nodes(Linuxノードのスプール領域を選択します)画面で、デフォルトの選択を受け入れ、Nex(次へ)をクリックします。
  10. Enter Source for New Packages(新規パッケージのソースの入力)画面で、パス/var/opt/teradata/ccnumber/pkgsを入力または選択して、Nex(次へ)をクリックします。
  11. Media Source Confirmation(メディア ソース確認)画面で、新しいパッケージのソースを入力または選択して、Nex(次へ)をクリックします。
  12. Group Nodes(グループ ノード)画面の右側のパネルに表示されるノードに次の設定が行なわれていることを確認して、Nex(次へ)をクリックします。
    • System(システム) - System0
    • Group(グループ) - Group0
    • Node Type(ノード タイプ) - Viewpoint
  13. "If you do not designate TPA nodes, the Teradata Database software will not be installed on any nodes. Do you wish to continue?"(「TPAノードを指定しない場合、Teradata Databaseソフトウェアはどのノードにもインストールされません。続行しますか?」)という質問が表示されたら、"Yes, keep them as they are"(「はい、そのままにしておきます」)を選択して、Nex(次へ)をクリックします。
  14. BARPortletを選択し、次へをクリックします。
  15. 残りの手順でデフォルトのオプションを受け入れます。
  16. BARポートレットがインストールされていることを確認するには、rpm -qa | grep 'barportlet*'を入力します。
    BARポートレットは出力に含める必要があります。