17.20 - AXMDDBoostパッケージのインストール - BAR - Data Stream Architecture - Data Stream Utility

Teradata® DSA - DSU インストール、構成、およびアップグレード ガイド

Product
BAR
Data Stream Architecture
Data Stream Utility
Release Number
17.20
Published
2022年3月
Content Type
インストール
構成
Publication ID
B035-3153-101K-JPN
Language
日本語 (日本)
前提条件DSCパッケージとClientHandlerパッケージがあらかじめインストールされている必要があります。
このアクセス モジュールは、ディスク ファイル システムをターゲット デバイスとして使用する場合は、適用できません。
DSAパッケージ インストール ディレクトリ 注意
AXMDDBoost base_dir/teradata/client/version/dsa base_dirとしてディレクトリを指定できます。
インストールディレクトリとして/または/usrを使用しないでください。サービスユーザーがディレクトリにアクセスできるように、指定されたディレクトリに対する権限が変更されます。
  1. サーバーで、スクリプトrpmファイルを解凍し、抽出します。
    tar zxvf AXMDDBoost_slesxx_arch.xx.xx.xx.xx-######.tar.gz

    ここで、slesxxはOS、archはアーキテクチャ、xx.xx.xx.xxはバージョン番号、######は固有の番号です。

    形式がAXMDDBoost.xx.xx.xx.xxのディレクトリは、現在の作業ディレクトリに抽出されます。
  2. 抽出したディレクトリからインストール スクリプトを実行します。
    ./axm_install.sh -r AXMDDBoost-xx.xx.xx.xx-######
  3. Linux環境変数を設定するには、ログオフしてからサーバーに再度ログインします。
次のタスクその他の必要なアクセス モジュールをインストールします。アクセス モジュールがすべてインストールされている場合は、BARCmdlineパッケージのインストールを参照します。