17.20 - PUTを使用した、BARサーバーへのDSAソフトウェアのインストール - BAR - Data Stream Architecture - Data Stream Utility

Teradata® DSA - DSU インストール、構成、およびアップグレード ガイド

Product
BAR
Data Stream Architecture
Data Stream Utility
Release Number
17.20
Published
2022年3月
Content Type
インストール
構成
Publication ID
B035-3153-101K-JPN
Language
日本語 (日本)
前提条件
  • マスター サーバー - DSAコンポーネント パッケージをインストールする前に、SUSE LINUXサーバーにTeradata ActiveMQ、SQLエンジン/Teradata Database、およびPUTがインストールされ、実行されている必要があります。
  • メディア サーバー - DSAコンポーネント パッケージをインストールする前に、SUSE LINUXサーバーにPUTがインストールされ、実行されている必要があります。
  • 新規インストールの場合、DSCとClientHandlerをインストールする前に、dscuserを作成する必要があります。これは、アップグレードには適用されません。
Teradataのバージョン移行とフォールバック(VM&F)アップグレードは、DSAパッケージのインストールには必要なく、推奨されません。ただし、DSAパッケージをインストールする際に主要なOSの変更が適用される場合は、VM&Fアップグレードを使用する必要があります。
  1. PUTを開始します。
  2. メイン画面で、Install/Upgrade Software(ソフトウェアのインストール/アップグレード)を選択してNex(次へ)をクリックします。
  3. Configuration Mode(構成モード)画面で、Typical(標準)を選択してNex(次へ)をクリックします。
  4. Network Subnet Selection(ネットワーク サブネット選択)127.0.0.0 (LOOPBACK)を選択して、Nex(次へ)をクリックします。
  5. Select Nodes(ノードの選択)で、Selected(選択済み)リストのノード名がDSAがインストールされるBARサーバーを表わしていることを確認し、次へをクリックします。
  6. System Information Warning(システム情報の警告)画面で、Nex(次へ)をクリックします。
  7. System Check Found Problems(システム チェックで問題が見つかりました)画面が表示された場合は、注意が必要な問題がないことを確認して(または修正が必要な問題を修正して)、Ignore(無視)をクリックします。
  8. Select Spool Area for Linux Nodes(Linuxノードのスプール領域を選択します)画面で、デフォルトの選択を受け入れ、Nex(次へ)をクリックします。
  9. Enter Source for New Packages(新規パッケージのソースの入力)画面で、パス/var/opt/teradata/ccnumber/pkgsを入力または選択して、Nex(次へ)をクリックします。
  10. Media Source Confirmation(メディア ソース確認)画面で、新しいパッケージのソースを入力または選択して、Nex(次へ)をクリックします。
  11. Group Nodes(グループ ノード)画面で、右側のパネルに表示されるノードが以下のように設定されていることを確認し、次へをクリックします。これらの設定がされていない場合は、Modify Group(グループを変更)を選択し、必要な変更を行ないます。
    サーバー タイプ 説明
    DSC Node Type(ノード タイプ) - DSADSC
    メディア Node Type(ノード タイプ) - TPA
  12. Select Packages(パッケージの選択)画面で、ソフトウェアパッケージを選択および追加します。
    サーバー タイプ コンポーネントの説明
    DSC DSC
    メディア
    • AXMDDBoostはオプションで、顧客の環境に基づきます
    • ClientHandler
    • BARCmdline
    パッケージをインストールするマシンにDSCおよびメディア サーバー機能がある場合は、DSC、ClientHandler、およびBARCmdlineパッケージをインストールします。また、環境に応じて、アクセス モジュールのいずれかをインストールすることもできます。
  13. 残りの手順でデフォルトのオプションを受け入れます。
    パッケージ サポートのステップの実行中に障害が発生した場合は、システム上にある/tmp/put-dscschemaupgrade.logファイルを確認してください。