17.20 - 依存関係 - BAR - Data Stream Architecture - Data Stream Utility

Teradata® DSA - DSU インストール、構成、およびアップグレード ガイド

Product
BAR
Data Stream Architecture
Data Stream Utility
Release Number
17.20
Published
2022年3月
Content Type
インストール
構成
Publication ID
B035-3153-101K-JPN
Language
日本語 (日本)

DSCサーバーのソフトウェア仕様

ソフトウェア レベル
オペレーティング システム
  • Teradata SUSE Linux Enterprise Server 12 SP3
  • Teradata SUSE Linux Enterprise Server 11 SP3
    このバージョンは、オリジナルのNovellインストール メディアに基づいており、Teradata OSエンジニアリングによってTeradataエンタープライズ データ ウェアハウス システムへのインストール用にカスタマイズされています。
DSCリポジトリのPostgresおよびPostgresサーバーrpm(DSA 17.02.00.00からDSA17.10.01未満) SLES 11 SP3: 10.10-0.2.14

SLES 12 SP3: 10.10-1.15.1

DSCリポジトリのPostgresおよびPostgresサーバーrpm(DSA 17.10.01.00からDSA17.20.00.00未満) SLES 11 SP3: 10.15-4.9.1

SLES 12 SP3: 10.15-4.9.1

DSCリポジトリのPostgresおよびPostgresサーバーrpm(DSA 17.20.00.00以降) SLES 11 SP3 : 10.17-0.2.30

SLES 12 SP3 : 10.17-4.16.4

DSCリポジトリのPostgresおよびPostgresサーバーrpm(DSA 17.20.00.03以降) SLES 11 SP3 : 10.17-0.2.30

SLES 12 SP3 : 10.17-4.16.4

SLES 15 SP2 : 10.17-4.16.4
Teradata JDKパッケージ BARCmdlineがインストールされている任意のサーバーにJREをインストールします。

バージョン8 (teradata-jdk8)

Teradata ActiveMQ バージョン5.16.4.0-1(Teradata JDKバージョン8が必要)
DSAPostAMQ Teradata ActiveMQを構成するために必要
  • Teradata Managed Server for DSC Serverの機能は、仮想マシン(VM)またはManaged Storage Serverに配置できます。
  • TPAノードとDSCサーバーのどちらの場合でも、DSAのインストールにはRelay Services Gateway(RSG)仮想プロセッサが必要です。インストール環境にRSG仮想プロセッサを構成しますが、RSGパッケージはインストールしないでください。

メディア サーバーのソフトウェア仕様

ソフトウェア レベル
オペレーティング システム
  • SUSE Linux Enterprise Server 11 SP3
  • SUSE Linux Enterprise Server 12 SP3
Teradata JRE Teradata JREは、DSAコマンド ライン(BARCmdline)がこのサーバーにインストールされている場合のみ必要です。

関連ソフトウェアの仕様

Teradata Managed Storage Server(TMSS) - ソフトウェア仕様

R720xd、R730xd、およびR740xd各サーバー用のソフトウェア

ソフトウェア 説明
nfsserver NFS環境を管理します
CMICをバージョン11.06以降にアップグレードする必要があります。