17.20 - Properties.xmlファイル - BAR - Data Stream Architecture - Data Stream Utility

Teradata® DSA - DSU インストール、構成、およびアップグレード ガイド

Product
BAR
Data Stream Architecture
Data Stream Utility
Release Number
17.20
Published
2022年3月
Content Type
インストール
構成
Publication ID
B035-3153-101K-JPN
Language
日本語 (日本)

properties.xmlファイルには、DSAMetaDataMigratorアプリケーションの入力パラメータが含まれています。これには、DSC、システム、およびメディア サーバーの信頼証明と関連情報がXML形式で含まれています。テンプレート ファイルは、アプリケーションを使用して生成します。

  • ./runAutoMigration.py -gを使用してテンプレートproperties.xmlファイルを生成します。このファイルは現在のディレクトリに作成されます。
  • 生成されたファイルには、システムでDSCインストールの一部として使用可能なすべての情報が含まれています。
  • 入力ファイルを使用する前に、欠落している情報を入力する必要があります。
  • このファイルにパスワードがない場合、システムからアプリの実行中に信頼証明の入力が求められます。
  • 実行中のプロンプトを回避するには、<silentmode>yesに設定できます。パスワードはファイルに記録する必要があります。
  • ターゲットまたは新しいDSCシステムでのエクスポート操作後に、このファイルのメディア サーバーとシステムの詳細を更新できます。
  • クラウド プラットフォーム:
    • .pemファイルを使用してDSC VMにssh接続するには、<private_key_file>タグに.pemファイルのパスを指定し、<private_username>タグにユーザー名を指定する必要があります。
    • .pemファイルなしの場合、ssh接続を実行しユーザー名とパスワードを入力できます。
    • クラウドに.pemファイルを使用する場合は、properties.xmlファイルに<systemusername><systemuserpass>の値を入力しないでください。これらは、.pemファイルの値を上書きします。

サンプルproperties.xmlファイル

<data>
<!-- This properties.xml is the input file having parameters required during migration
     Credential provided in this file is not encrypted
     Migrator application delete this file after successful migration
     In case of failure or partial migration, file remain present so user should delete  
     when not in use -->
 
<!-- provide path of the pem file along with user name for authentication on cloud platform-->

<!--
<private_key_file>/var/opt/teradata/scripts/access_key.pem</private_key_file>
<private_username>ec2-user</private_username>
-->
 
<!-- set silent mode YES in case don't want to get prompt during migration process -->
<silentmode></silentmode>
 
<!-- provide old DSC detail -->
<olddscserver>
  <systemname></systemname> <!-- system name -->
  <tdrepohost></tdrepohost> <!-- host of the Teradata repo, default is DSC system -->
  <tdrepodbname></tdrepodbname> <!-- name of the Teradata repo DB, default is bar (please do not edit) -->
  <tdrepodbpass></tdrepodbpass> <!-- Teradata repo (bar) DB password (should not include space, single or double quotes) -->
  <brokerurl></brokerurl> <!-- broker URL of the old DSC -->
  <systemusername></systemusername> <!-- user name of the old DSC system -->
  <systemuserpass></systemuserpass> <!-- password of the old DSC system (should not include space, single or double quotes) -->
</olddscserver>
 
<!-- provide new DSC detail -->
<dscserver>
  <dsaresthost></dsaresthost> <!-- system name hosting dsarest, defualt is DSC server -->
  <dsarestport></dsarestport> <!-- port of the dsa rest server -->
  <dsarestwebservice></dsarestwebservice> <!-- dsa rest web service, it can be https or http -->
  <brokerurl></brokerurl> <!-- broker URL of the new DSC -->
  <brokerport></brokerport><!-- broker port of the new DSC -->
  <pgrepohost></pgrepohost> <!-- host of the Postges repo, default is DSC system -->
  <pgrepodbname></pgrepodbname> <!-- name of the Postgres repo DB, default is bar (please do not edit) -->
  <pgrepodbpass></pgrepodbpass> <!-- Postgres repo (bar) DB password (should not include space, single or double quotes) -->
</dscserver>
 
<!-- provide list of media servers to be reconfigured -->
<mediaservers>
  <mediaserver>
    <mediaservername></mediaservername> <!-- name of the media server  -->
    <username></username> <!-- user name for the media server  -->
    <password></password> <!-- password of the media server (should not include space, single or double quotes) -->
  </mediaserver>
</mediaservers>
 
<!-- provide list of systems to be reconfigured -->
<systems>
  <system>
    <systemname></systemname> <!-- system name -->
    <db_username></db_username> <!-- database user name -->
    <db_password></db_password> <!-- database password (should not include space, single or double quotes) -->
    <system_username></system_username> <!-- user name of the system (master node) -->
    <system_password></system_password> <!-- password of the system (master node) -->
  </system>
</systems>
</data>