17.20 - JMSワークフローのSSLまたはTCPの設定 - BAR - Data Stream Architecture - Data Stream Utility

Teradata® DSA - DSU インストール、構成、およびアップグレード ガイド

Product
BAR
Data Stream Architecture
Data Stream Utility
Release Number
17.20
Published
2022年3月
Content Type
インストール
構成
Publication ID
B035-3153-101K-JPN
Language
日本語 (日本)
前提条件
重要: 接続障害を防ぐには、SSLを有効にする前に、Teradata ActiveMQのインストールのすべての手順を含むすべてのDSAソフトウェアをインストールします。
重要: すべてのDSAコンポーネントで、JMS SSLを有効(SSLを使用している場合)または無効(SSLを使用していない場合)にする必要があります。
すべてのクライアント コンポーネントでJMS用のSSLをセットアップするには、次のタスクを完了する必要があります。
  1. SSLまたはTCPのActiveMQの構成
  2. キーと証明書を管理します。