17.20 - ClientHandlerのプロパティ - BAR - Data Stream Architecture - Data Stream Utility

Teradata® DSA - DSU インストール、構成、およびアップグレード ガイド

Product
BAR
Data Stream Architecture
Data Stream Utility
Release Number
17.20
Published
2022年3月
Content Type
インストール
構成
Publication ID
B035-3153-101K-JPN
Language
日本語 (日本)
インストール後は、どのプロパティ設定も編集しないでください。
プロパティ 説明 デフォルトの設定
broker.list ActiveMQブローカーを実行しているコンピュータのホスト名またはIPアドレス、およびActiveMQブローカーがリスニングしているサーバーのポート番号(tcpの場合は61616、sslの場合は61617)。デフォルト: 61616 61616
broker.type ActiveMQ接続のタイプ(tcpまたはssl)。tcpを選択した場合、ActiveMQ接続はインストール中に検証されます。sslを選択した場合、ActiveMQ(jms ssl)パスワードはDSA REST API httpsパスワードと一致する必要があります。デフォルト: tcp tcp
log4j.rootLogger DSCコンポーネントのロギングレベル。
ロギング レベルを変更すると、ClientHandlerを手動で再起動する必要があります。
INFO
その他の値:
  • ERROR
  • WARN
  • DEBUG
log4j.appender.logfile.file ログ ファイルの場所  
log4j.appender.logfile ロギング インフラストラクチャの内部設定  
log4j.appender.logfile.maxFileSize バックアップ ファイルにロール オーバーするまでのロギング ファイルの最大サイズ 10 MB
log4j.appender.logfile.maxBackupIndex 作成されるバックアップ ロギング ファイル数。作成されたファイルが最大数に達すると、最も古いファイルが消去されます。 3
log4j.appender.logfile.layout ロギング インフラストラクチャの内部設定  
log4j.appender.logfile.layout.ConversionPattern ログ ファイル レイアウトのパターン  
memory.numbuffers ストリームごとに割り当てられているバッファの数。このパラメータは、メモリの制限に役立ちます。  
memory.sizebuffers バッファの初期サイズ。

初期バッファ サイズが小さい場合でも、バックアップ ジョブまたは復元ジョブ中に、バッファは約1MBまで大きくなります。これは、データベースからの単一のフル レコードのサイズです。

バッファが頻繁に再割り当てされて、メモリの断片化が発生した場合など、デフォルト値で問題が発生した場合には、このパラメータを使用して、適切なサイズのバッファを割り当てることができます。

 
perf.buffersperstream DSAネットワーククライアントによって、ネットワークストリームまたはソケットごとに割り当てられるバッファの数。

最小値は1です。最大値は64です。

16
perf.sizebuffers バッファの開始サイズ。

最小値は1です。最大値は2097152です。

1572864
server.port BARサーバーが待機しているソケット番号 15401
server.id BARサーバーの名前 BARマスター サーバーのホスト名。
server.protocol データベースとBARサーバーとの間の通信に使用されるプロトコル。値: SSLまたはTCP。 TCP
ssl.truststore.file SSLトラストストア情報を設定するために使用されます。プロトコルがSSLの場合にのみ必要です。  
ssl.keystore.file SSLキーストア情報を設定するために使用されます。プロトコルがSSLの場合にのみ必要です。  
ssl.keystore.passwordencoded SSL通信で使用され、キーストアの暗号化されたパスワードです。  
CBBTempFile.path CBBの一時ファイル リポジトリへのパス。このパスは、インクリメンタル ジョブ通信で使用されるWebサービス マスター サーバー上にのみ存在します。 /var/opt/teradata/dsa/cbb
Master.hostname インクリメンタル ジョブ通信で使用されるWebサービス マスター サーバーのホスト名。CBBTempFile.pathは、Webサービス マスター サーバーにマウントされます。  
logger.useTviLogger TVIログオンまたはログオフ設定。trueに設定すると、致命的なエラー メッセージをTVIに送信することができます。 true
startup.retry.interval ClientHandlerスタートアップ時のActiveMQへの接続を再試行する時間間隔(秒単位)。 300
tvi.retry エラー メッセージがTVIに報告される前にClientHandlerがDSCスタートアップ時にActiveMQへの接続を試行する回数 10
Webservice.port クライアント ハンドラWebサービスがインクリメンタル ジョブ メディア サーバー間の通信に使用するポート番号。 15402