17.20 - DSAサービスの復元 - BAR - Data Stream Architecture - Data Stream Utility

Teradata® DSA - DSU インストール、構成、およびアップグレード ガイド

Product
BAR
Data Stream Architecture
Data Stream Utility
Release Number
17.20
Published
2022年3月
Content Type
インストール
構成
Publication ID
B035-3153-101K-JPN
Language
日本語 (日本)
Teradata DSA環境を完全に機能させるには、Teradata ActiveMQサービス、DSC、DSAネットワーク クライアント(ClientHandler)、およびViewpointが実行されている必要があります。DSAサービスを再起動する必要がある場合は、次の手順に従います。
Teradata ActiveMQサービスは、DSCおよびDSAネットワーク クライアント(ClientHandler)プロセスを開始する前に実行されている必要がありますが、インストール後は、DSCおよびClientHandlerがすでに実行されているはずです。
  1. Teradata ActiveMQ、DSC、およびDSAネットワーク クライアント(ClientHandler)が実行されていない場合は、コマンド ラインで、サービスを開始するための各コンポーネント文字列の後に次のように入力してEnterを押します。

    /etc/init.d/tdactivemq start

    /etc/init.d/dsc start

    /etc/init.d/clienthandler start client_handler_name (optional)

    client_handler_nameパラメータを指定しないと、複数のDSAネットワーク クライアント(ClientHandler) インスタンスが構成されている場合は、コマンドによりすべてのインスタンスが開始されます。DSAネットワーク クライアントのインスタンスを指定するには、/etc/init.d/clienthandler start client_handler_nameと入力します。client_handler_nameはDSAネットワーク クライアント インスタンスを指定し、サーバーIDパラメータ(通常はホスト名)を参照します。

    SQLエンジン/Teradata DatabaseはDSCサービスを開始するためにアクティブである必要があります。
  2. サービスが実行されていることを確認します。

    /etc/init.d/tdactivemq status

    /etc/init.d/dsc status

    /etc/init.d/clienthandler status client_handler_name (optional)

    client_handler_nameパラメータを指定しないと、複数のDSAネットワーク クライアント(ClientHandler) インスタンスが構成されている場合は、コマンドによりすべてのインスタンスが開始されます。DSAネットワーク クライアントのインスタンスを指定するには、/etc/init.d/clienthandler status client_handler_nameと入力します。client_handler_nameはDSAネットワーク クライアント インスタンスを指定し、サーバーID(通常はホスト名)を参照します。