17.20 - Teradataから別のシステム上のPostgresへのリポジトリ データ移行 - BAR - Data Stream Architecture - Data Stream Utility

Teradata® DSA - DSU インストール、構成、およびアップグレード ガイド

Product
BAR
Data Stream Architecture
Data Stream Utility
Release Number
17.20
Published
2022年3月
Content Type
インストール
構成
Publication ID
B035-3153-101K-JPN
Language
日本語 (日本)
複数DSCの環境では、DSCごとにターゲット グループには異なる名前が必要です。例えば、target_group_aとtarget_group_a1を使用します。
重要:
  • このプロセスでは、Teradata Parallel Transporter(TPT)とPostgresがまだインストールされていない場合は新しいシステムにインストールされます。

    TPTのインストールが失敗した場合は、手動でインストールする必要があり、必要に応じてCLIv2もインストールします。

    • DSCが現在Teradataデータベース15.10にある場合、TPTとCLIv2の両方がバージョン15.10である必要があります。
    • DSCが現在Teradataデータベース16.20にある場合、TPTとCLIv2の両方がバージョン16.20である必要があります。
  • このプロセス中に、フォルダpgdataが作成されます。移行が正常に完了するまで、このフォルダまたはそのコンテンツを削除しないでください。
  1. 新しいDSCシステムにssh接続し、BARリポジトリをエクスポートするのに十分な空き領域があるフォルダに移動します。
  2. Teradata SoftwareサーバーからDSAMetaDataMigrator__sles11-12_x8664.17.xx.xx.xx-xxx.tar.gzをダウンロードし、DSCシステムに転送します。
  3. コンテンツを抽出します。
    tar -xvzf DSAMetaDataMigrator__sles11-12_x8664.17.xx.xx.xx-xxx.tar.gz
  4. 抽出したフォルダに移動し、そこから以降の手順を実行します。
  5. python3とその依存関係モジュールをインストールします。
    installpython3.sh
  6. 以下のコマンドを使用して、プロパティ ファイルを生成します。
    ./runAutoMigration.py -g
    これにより、DSCインストールからの利用可能な値が事前に入力されたproperties.xmlファイルが生成されます。この手順では、このファイルがソース システムで作成されDSCサーバーの詳細を更新できることを前提としています。このファイルを残りのオプションの入力として使用します。
  7. DSCボックスの信頼証明で、properties.xmlを編集して更新します。
    properties.xml(およびコメント付きサンプル)の詳細については、Properties.xmlファイルを参照してください。
  8. メタデータをエクスポートします。
    ./runAutoMigration.py -e
    Teradataリポジトリによるメタデータは、pgdataというフォルダ内にある.csv形式のフラット ファイルにエクスポートされます。
  9. ./dscinstall.sh -r DSC.17.xx.xx.xx-xxxxxx.rpmを実行して、Postgresをリポジトリとしてともなう新しいシステムにDSC17.xx.00.00をインストールします。
    必ず、プロパティ ファイルに入力されているものと同じ信頼証明を使用します。
    インストール後、DSCとRESTサービスが稼働していることを確認します。クライアント ハンドラを新しいDSCにローカルでインストールしている場合は、それが稼働していることを確認します。
  10. REST APIをともなうDSCが実行していることを確認します。
    /etc/init.d/dsc status
  11. フラット ファイルから新しいリポジトリにメタデータをインポートします。
    ./runAutoMigration.py -i
    これにより、エクスポートされたデータがフラット ファイルからPostgresデータベースにインポートされます。サイレント モードではない状態で、Postgresリポジトリにユーザー データがある場合、クリーンアップを続行できるかどうか尋ねられます。
  12. (オプション)インポート プロセスを検証します。
    ./runAutoMigration.py -v
    これにより、TeradataリポジトリとPostgresの各テーブルの行数を比較して、エクスポートとインポートのプロセスを検証します。
  13. (オプション)新しいDSCを再構成します。
    1. プロパティ ファイルをメディア サーバーとシステムの詳細で更新します。
      ./runAutoMigration.py -g
    2. システムとメディア サーバーの信頼証明で、properties.xmlを編集します。
    3. 構成を実行します。
      ./runAutoMigration.py -r
  14. ClientHandler、アクセス モジュール、およびBARコマンド ライン コンポーネントをダウンロードしてアップグレードします(スクリプトを使用したソフトウェアのインストールを参照)。