17.20 - Teradataシステムの追加または編集 - BAR - Data Stream Architecture - Data Stream Utility

Teradata® DSA - DSU インストール、構成、およびアップグレード ガイド

Product
BAR
Data Stream Architecture
Data Stream Utility
Release Number
17.20
Published
2022年3月
Content Type
インストール
構成
Publication ID
B035-3153-101K-JPN
Language
日本語 (日本)
前提条件BARセットアップ ポートレットでDSCを操作する前に、監視対象システムポートレットでTeradataシステムとディクショナリ コレクタを追加して有効にする必要があります。セットアップData Collectors(データ コレクタ)を選択し、ディクショナリコレクタを有効にします。

SQLエンジン 16.20以降またはTeradata Database 16.0以降にアップグレードする場合は、この手順の前にTeradataシステムでDIPBARを実行します。

次の手順に従って、ターゲット データベース システムを構成し有効にします。
  • ノードは自動検出によって構成されます。表示することはできますが、編集することはできません。
  • [DSA 17.02以降]事前に構成されたバックアップ システムはなくなり、Teradataシステムを有効にするだけで済みます。
  1. BARセットアップ ポートレットを開きます。
  2. DSCサーバーで、DSCサーバーを選択します。
  3. カテゴリリストからシステムとノードを選択します。
  4. 次のいずれかを実行します。
    新しいターゲット システムを追加します
    1. システムの横の""をクリックします。
    2. Teradataシステムの追加を選択します。
    既存のシステムを編集します システムで名前を選択します。
  5. セットアップで、システムの詳細を選択し以下を入力ます。
    オプション 説明
    システム名 (新しいシステムの追加)ドロップダウン リストからシステムを選択します。
    監視対象システムポートレットで、システムを利用できるようにします。
    システム セレクタ (オプション)システムを編集する際にシステム セレクタを変更するには、更新をクリックします。更新が実行される前にシステムの信頼証明が検証されます。
    システム セレクタの変更後、データベースのDSMainを停止して開始する必要があります。
    SSL通信 (オプション)SSL通信を有効にするには、JMS通信にSSLを有効にするチェックボックスをオンにします。
    SSLセットアップ時に作成されたTrustStoreパスワードを追加する必要があります。SSL通信を有効にした後、データベースのDSMainを停止して開始する必要があります。
    ノードの既定のストリーム制限 システムで構成されている各ノードの既定の制限を設定します。
    • 各ノード: ノードごとに許可される同時ストリームの最大数。例: ノード上のAMP数の5倍
    • ノードの各ジョブ:ノードの各ジョブで同時実行可能な最大ストリーム数。ノード上のAMP数を超えることはできません。これより高い数値を入力しても、ノード上のAMP数に減少します。
  6. 適用をクリックして、データベースの信頼証明を入力します。
  7. セットアップノードを選択し、このシステム上のノードの詳細を表示します。
  8. 宛先システムでDSMainを再起動します。
    1. プライマリ配布ノード(通常はノード1)から、cnsterm 6を実行します。
    2. start bardsmain –s -d dsc_nameと入力します(これにより、宛先システムのDSMainを停止します)。
      -d dsc_nameパラメータは、SQLエンジン 16.20以降/Teradata Database 16.10以降に適用されます。-dパラメータは、ActiveMQ接続を開始および停止するだけです。DSMainの再起動の完了を必要とする機能には影響しません。例: GDOフラグ553(EnableBackupsforIncrementalRestore)。
    3. start bardsmainを入力します(これによってDSMainが起動します)。
    4. [SQLエンジン 16.20以降/Teradata Database 16.10以降]start bardsmain -jと入力します(これは接続のステータスを示します)。
    システムが自動的に有効化されます。