17.20 - NFSクライアント サービスの構成 - BAR - Data Stream Architecture - Data Stream Utility

Teradata® DSA - DSU インストール、構成、およびアップグレード ガイド

Product
BAR
Data Stream Architecture
Data Stream Utility
Release Number
17.20
Published
2022年3月
Content Type
インストール
構成
Publication ID
B035-3153-101K-JPN
Language
日本語 (日本)
NFSクライアント サービスは、NFSファイル システムについてFSTABファイルをチェックし、それらのファイル システムをマウントします。NFSクライアント サービスがブート時に起動するように構成されている限り、NFSファイル システムは起動時に自動でマウントされます。

FSTABオプションは、マウントされたファイル システムを読み取り/書き込み可能にして、ダンプされず、再起動時にチェックされないようにします。

  1. マウント ポイント ディレクトリを作成します。例: /export/backup
    # mkdir -p /export/backup
  2. FSTABファイル(/etc/fstab)にエントリを作成します。
    この例では、以下のパラメータを使用します。
    • NFSサーバー: nfsserver
    • サーバー上のNFS共有: /data/col1/backup/tdbackup
    • クライアント上のマウント ポイント: /export/backup
    得られるFSTABファイルは以下のようになります。
    # device                              mountpoint      fs-type options dump fsckorder
    ...
    nfsserver:/data/col1/backup/tdbackup  /export/backup  nfs    rw      0     0
    ...
    
  3. システムをマウントするには、NFSサービスを手動で起動します。
    # service nfs start
  4. 必要に応じて、rpcbindサービスを起動します。
    service rpcbind start
  5. NFSサービスをブート時に起動するように構成します。
    # chkconfig nfs on