17.20 - DSU上のTeradata Vantage on VMware - BAR - Data Stream Architecture - Data Stream Utility

Teradata® DSA - DSU インストール、構成、およびアップグレード ガイド

Product
BAR
Data Stream Architecture
Data Stream Utility
Release Number
17.20
Published
2022年3月
Content Type
インストール
構成
Publication ID
B035-3153-101K-JPN
Language
日本語 (日本)

VMwareテンプレート上のDSUは、VMware上のTeradata Vantageであり、DSCコンポーネントおよびDSCリポジトリをホストします。VMware上のTeradata Vantageは、サードパーティ製ハードウェアの仮想環境で実行する仮想マシンにパッケージ化されたSUSE Linux Enterprise Server (SLES)オペレーティング システムおよびAdvanced SQL Engineです。

このマニュアルでは、DSUインスタンスの設定方法と既存のTeradataシステムに統合する方法について説明します。

対象読者

このガイドは、vSphere、vCenter、ESXiの用語について知識があるユーザー、および次を理解しているユーザーを対象にしています。
  • 標準のスイッチ、データストア、VMテンプレート、ova、ovfなど
  • Teradataの構成(TPA、CMIC、Viewpoint、DSUを含む)。
  • ベア メタル インストールでのこれらのノード タイプの基本ネットワーク設定およびvSphereインストールとの関連付けの方法

ソフトウェア要件

VMware vCenter 5.5以上

ハードウェア要件

pNode/サーバー: 例えば、Dell PowerEdge R720xd、Dell PowerEdge R730xd、Dell PowerEdge R740xd、HP Gen9、または次の最小リソースに類似するもの。

アイテム リソース
CPU 4
メモリ 16 GB
ストレージ データストアは、500 GB VMwareイメージに適合可能である必要があります。

OSのドライブが約200 GBの容量を使用し、DSUのリポジトリが約300 GBの容量を使用

個別の物理ネットワーク 1 - パブリック

1 – DSU(オプションで10 GBのネットワーク)

特別なスイッチ要件

vCenterは分散スイッチとローカル仮想スイッチを使用できます。本バージョンのvCenterはローカル仮想スイッチのみをサポートするため、各ESXiホストにはパブリック ネットワーク用のローカル仮想スイッチ、およびオプションで任意のCMICまたはDSUのネットワークが必要になります。

最適なパフォーマンスを得るために、DSU仮想スイッチのMTU値を9000にする必要があります。
  • 最高のパフォーマンスを得るには、すべての仮想スイッチのそれぞれに専用の物理ネットワークが必要です。
  • 低パフォーマンスのシステム(例えば、開発用またはテスト用のシステム)では、仮想アダプタを同一の物理的なネットワークに配置することができますが、共有帯域ではパフォーマンスが低下することがあります。

    パブリックおよびCMICサブネットの例外を除き、MTU値を9000に設定すると、異なるサイズのMTUを使用しているサブネットで問題を引き起こす可能性があります。

すべての仮想インスタンスに静的IPアドレスが必要です。