17.20 - PostgresからPostgresへのリポジトリ データ移行 - BAR - Data Stream Architecture - Data Stream Utility

Teradata® DSA - DSU インストール、構成、およびアップグレード ガイド

Product
BAR
Data Stream Architecture
Data Stream Utility
Release Number
17.20
Published
2022年3月
Content Type
インストール
構成
Publication ID
B035-3153-101K-JPN
Language
日本語 (日本)
  1. DSCの古いソースでリポジトリ バックアップを実行します。
  2. ターゲットまたは新しいDSCソースでリポジトリを復元します。
    最新のブートストラップ ファイルが利用可能で新しいDSCソースにコピーできる場合は、以下の手順に従います。
    1. DFS/AWS/Azure/など、メディア サーバー、複製ターゲット グループを新しいDSCマシンで作成します。
    2. ランディング ゾーンのbootstrap_<backupID>.outを、古いDSCマシンから新しいDSCマシンにコピーします。
      デフォルト: /var/opt/teradata/dsa/postgres
    3. 移動先
      /opt/teradata/client/17.20/dsa/dsc
    4. ユーザー:
      su dscuser
    5. リポジトリを復元します。
      sh recover.sh -m recovery
    6. 複製ターゲット グループから<backupID>を取得します。
      h recover.sh -m replicate_from -v 1602081495349 -r file_replicating_tg
      例: h recover.sh -m replicate_from -v 1602081495349 -r file_replicating_tg
    7. 複製ステータスを確認します。
      sh recover.sh -m save_sets_replication_status
    8. バックアップを復元します。
      sh recover.sh -m restore -v <backupID>
      例: sh recover.sh -m restore -v 1602081495349
    9. 正常な復元の後に、DSCを再起動します。
    最新のブートストラップ ファイルが利用できない場合は、以下の手順に従います。
    1. 古いDSCでメディア サーバーを更新し、新しいDSCとも通信します。
      新しいDSCActiveMQIPをclienthandler.propertiesbroker.listに追加し、新しいDSCを指すようにします。
    2. 新しいDSCで構成するには、メディアを再起動します。
      /etc/init.d/clienthandler restart-hwupgrade
    3. バックアップ ソリューション(DFS/AWS/Azure/など)、メディア、およびターゲット グループを、複製について古いDSCと同様に構成します。
    4. 移動先
      /opt/teradata/client/17.20/dsa/dsc
    5. ユーザー:
      su dscuser
    6. 複製ターゲット グループで使用可能なバックアップIDのリストを確認するには:
      sh recover.sh -m list_backupids -r replicating_target_group
    7. 複製ターゲット グループから<backupID>を取得します。
      sh recover.sh -m replicate_from -v <backupID> -r <replicationTargetGroupName>
      例: sh recover.sh -m replicate_from -v 1603437512425 -r gcp_tg
    8. バックアップを復元します。
      sh recover.sh -m restore -v <backupID>
      例: sh recover.sh -m restore -v 1603437512425
    9. 正常な復元の後に、DSCを再起動します。
  3. 新しいDSCでDSC名を変更します。
    1. 移動先
      /opt/teradata/client/17.xx/dsa/dsc
    2. DSC名を変更するには、以下のコマンドを実行します。
      ./modify_dsc_name.sh
  4. 新しいDSCでシステムとメディアを再構成します。
    1. ダウンロード
      DSAMetaDataMigrator__sles11-12-15_x8664.17.20.xx.xx-xxx.tar.gz
    2. コンテンツを抽出するには、以下のコマンドを実行します。
      tar -xvzf DSAMetaDataMigrator__sles11-12-15_x8664.17.20.xx.xx-xxx.tar.gz
    3. 抽出したフォルダに移動します。
      重要: この抽出されたフォルダで、以下の手順を実行します。
    4. python3とその依存関係モジュールをインストールするには、以下のコマンドを実行します。
      ./installpython3.sh
    5. properties.xmlを生成するには、以下のコマンドを実行します。
      ./runPostgres2PostgresMigration.py -g
    6. 新しいDSCシステムとメディア サーバーのログイン信頼証明を使用して、properties.xml(前の手順で生成)を変更します。
    7. コマンドを実行してDSCを再構成します。このスクリプトにより、接続されているシステムとメディア サーバーが新しいDSCで再構成されます。
      ./runPostgres2PostgresMigration.py -r
    8. 再構成が正常に行なわれると、properties.xmlファイルは削除されます。