17.20 - DSCサーバーの有効化または追加 - BAR - Data Stream Architecture - Data Stream Utility

Teradata® DSA - DSU インストール、構成、およびアップグレード ガイド

Product
BAR
Data Stream Architecture
Data Stream Utility
Release Number
17.20
Published
2022年3月
Content Type
インストール
構成
Publication ID
B035-3153-101K-JPN
Language
日本語 (日本)
これらの手順を使用して、追加のDSCを有効化または追加します。 DSCを使用しており、アップグレードしたり別のDSCを追加する場合は、アップグレードする前にこの手順を実行してください。
  1. BARセットアップ ポートレットを開きます。
  2. DSCサーバーの横の""をクリックします。
  3. 一般的なシステムの詳細で、ブローカー情報を入力します。
    オプション 説明
    ブローカーIP/ホスト ActiveMQブローカー(tdactivemqがインストールされている)を実行しているマシン(通常はDSCサーバー)のホスト名またはIPアドレス。
    ブローカー ポート ActiveMQブローカーがリスニングしているサーバー上のポート番号(tcpの場合は61616、sslの場合は61617)。デフォルト: 61616
    ブローカー接続 ActiveMQ接続のタイプ(tcpまたはssl)。tcpを選択した場合、ActiveMQ接続はインストール中に検証されます。sslを選択した場合、ActiveMQ(jms ssl)パスワードはDSA REST API httpsパスワードと一致する必要があります。デフォルト: tcp
  4. DSCサーバーの有効化を選択します。
  5. DSCサーバーを選択します。
    1. サーバーの検出をクリックします。
    2. ドロップダウンからDSCサーバー名を選択します。
    トラブルシューティングDSC名がメニューに表示されない場合は、以下を確認してください。
    • ブローカーのIP/ホストが正しいことを確認します。
    • ActiveMQが実行されていることを確認します。

      /etc/init.d/tdactivemq status

  6. サーバーの設定およびBARロギングの設定を入力します。
    オプション 説明
    セキュリティ管理 DSAコマンド ライン インターフェースでTeradata Viewpointの認証が必要です。オンの場合、特定のコマンドをコマンド ライン インターフェースから送信するユーザーは、有効なTeradata Viewpointユー ザー名およびパスワードを入力する必要があります。
    BARロギング データ ストリーム コントローラおよびBARネットワーク クライアントについて表示するBARログ情報のレベル。通常、高いレベルのログ情報は、報告された問題に関する情報を収集するときのサポート担当者のみに必要になります。
    Error
    デフォルト値。最小限のログを作成します。提供されるのはエラー メッセージだけです。
    Warning
    エラー メッセージのほか、警告メッセージをログに記録します。
    Info
    情報メッセージを警告およびエラー メッセージのログに追加します。
    Debug
    完全ロギング。デバッグを含むすべてのメッセージはジョブ ログに送信されます。
    この設定は、パフォーマンスに影響することがあります。
    リタイアしたジョブの削除 リタイアしたジョブの削除は、リタイアしたジョブが削除されるまでの期間を決定します。
    次の期間後にリタイア
    ジョブのリタイア後、ジョブが削除されるまでの待機日数。
    リタイアしない
    リタイアしたジョブを削除しません。
  7. 適用をクリックします。