17.20 - DSAパッケージ名 - BAR - Data Stream Architecture - Data Stream Utility

Teradata® DSA - DSU インストール、構成、およびアップグレード ガイド

Product
BAR
Data Stream Architecture
Data Stream Utility
Release Number
17.20
Published
2022年3月
Content Type
インストール
構成
Publication ID
B035-3153-101K-JPN
Language
日本語 (日本)

以下のテーブルに、ソフトウェア パッケージ、および各DSAコンポーネントの依存関係、コンポーネント機能のサマリーを示します。

DSC、DSAPostAMQ、ClientHandler、BARCmdline、およびBARPortletsは、同じバージョンである必要があります。
ソフトウェア パッケージ名 依存 説明
DSC-version [DSA16.20.24.xx以降]Teradata-Jdk8

[DSA 16.20.23.xx以前]Teradata-Jdk7

Data Stream Controller (DSC)は、BARオペレーションを制御し、DSMain、BARポートレット、およびDSAネットワーク クライアント(ClientHandler)の間の通信を有効にします。

すべてのインストールにはバージョン7が必要です。DSA16.20.24以降のバージョンにもバージョン8が必要です。

ClientHandler-version なし ClientHandlerはDSUとDSEの両方のベース パッケージで、SQLエンジン/Teradata Databaseノードに対してリモートのバックアップ ジョブと復元ジョブのターゲットとの通信を処理します。ClientHandlerは、DSAネットワーク クライアントまたはDSA NCとも呼ばれます。
BARCmdline-version なし DSAコマンド ライン インターフェースは、BARポートレットに代わる環境を提供し、ジョブの作成、開始、監視、およびスケジュール設定が可能で、DSAを構成するためのコマンドも提供します。
BARPortlets-version Viewpointソフトウェア BARセットアップポートレットを使用すると、Teradataシステムをバックアップする際に使用するハードウェアとソフトウェアを指定できます。

BARオペレーションポートレットにより、ジョブを作成、管理、および実行依頼することができます。

AXMDDBoost-version ClientHandler AXMDDBoostは、EMC Data Domainターゲットにインストールできるアクセス モジュールです。
AXMS3-version ClientHandler AXMS3は、Amazon S3ターゲット用にインストールすることが可能なアクセス モジュールです。
AXMAzure-version ClientHandler AXMAzureは、Microsoft Azureターゲット用にインストールできるアクセス モジュールです。
AXMGCP-version ClientHandler AXMGCPは、Google Cloudプラットフォームにインストールできるアクセス モジュールです。
DSAPostDeployer-version なし スクリプトのmodify_dsc_name.sh、およびjarファイルのdsa-post-deployer.jarが含まれています。これらは、リポジトリ内のDSC名を更新するために使用されます。
DSAPostAMQ-version tdactivemq 5.16.4.0-1 1つのスクリプト、tdactivemq_wrapper.pyが含まれています。この必須スクリプトは使用するtdactivemqを構成します。
重要: DSC、DSAPostAMQ、ClientHandler、BARCmdline、およびBARPortletsは、同じバージョンである必要があります。

DSAソフトウェアパッケージのバージョン番号は、xx.xx.xx.xx-xxxxxx形式で表示されます。例えば、DSC-17.00.00.00-431571.x8664.rpmのようになります。