17.20 - サポート用の診断バンドルの作成 - BAR - Data Stream Architecture - Data Stream Utility

Teradata® DSA - DSU インストール、構成、およびアップグレード ガイド

Product
BAR
Data Stream Architecture
Data Stream Utility
Release Number
17.20
Published
2022年3月
Content Type
インストール
構成
Publication ID
B035-3153-101K-JPN
Language
日本語 (日本)
Last Update
2022-04-14
Teradata DSAは、コマンドラインの対話型スクリプトを提供して、次の情報を収集します:
  • サーバー上の現在の時間
  • SQLエンジン/Teradata Databaseのコンポーネント バージョン、DSC、DSAネットワーク クライアント、、Viewpoint、BARコマンド ライン、ActiveMQ
  • メディア サーバーの数、DSCサーバー ステータスなどの一般的なシステム構成
  • DSCコンポーネントおよびDSAネットワーク クライアント(ClientHandler)用のプロパティ ファイルおよびログ
この情報は、Teradataサービスによるトラブルシューティングに役立ちます。
dsa_support_info.shスクリプトは、DSAインストール パッケージに関連付けられているルート ディレクトリにインストールされます。
  • DSCサーバー上の$DSA_DSC_ROOT
  • メディア サーバー上の$CLIENTHANDLER_ROOT
  • コマンド ライン サーバー上の$BARCMDLINE_ROOT
  1. (オプション)DSCサーバーとBARサーバーまたはリモート サーバーとの間にSSH信頼リレーションシップを設定するには、dsatrust.shを次の構文で実行します。
    dsatrust.sh [-a] [-l <hosts>] [-u user] [-v] [-h]
    パラメータ 説明
    -a DSCサーバーとその他のBARサーバー間に信頼関係を設定します。
    -l hosts 信頼関係をリストされたホストに設定します。

    ホスト名はカンマで区切る必要があります。

    -u user ログインユーザー名を指定します。

    このパラメータは、-aパラメータまたは-lパラメータとともに使用する必要があります。

    -v スクリプト バージョンを表示します。
    -h ヘルプを表示します。
  2. サーバーでdsa_support_info.shを実行し、次の構文を使用してローカル情報を収集します。
    dsa_support_info.sh [-c][-d <path>][g][-h][-i][-j <job>][-s <timestamp>][-t][-v][-x]
    パラメータ 説明
    -c DSAネットワーク クライアント(ClientHandler)のコア ダンプを収集します。
    -d path ダンプディレクトリパスを入力します。

    デフォルト:/var/opt/teradata/dsa/support/hostname_current timestamp

    -g 一般的なサポート情報を収集します。
    -h ヘルプを表示します。
    -i インストール ログを収集します。
    -j job ジョブ情報を収集します。ジョブ名をjobとして入力します。
    -s timestamp タイムスタンプで指定された日時のログを収集します。

    以下の形式でタイムスタンプを指定します。例えば2015-05-15 09:50です。

    -t TVIイベントをトリガーします。

    -tパラメータを使用してTVIイベントをトリガーした場合、データは圧縮されます。TVIイベントごとに50 MB制限を超えると、サポート バンドルは複数のzipファイルに分割され、各zipファイルに対して個別のTVIイベントがトリガされます。

    zipファイルは/var/opt/teradata/SupportBundle/にコピーされます。-dパラメータで指定されたダンプディレクトリの解凍されたファイルにアクセスできます。

    -v スクリプト バージョンを表示します。
    -x すべてのユーザー プロンプトをバイパスします。
スクリプトを実行した後、ローカルサーバー固有のファイルが出力され、以下の情報が含まれます。
  • .outファイルのコンポーネント情報
  • ジョブ出力xmlおよび.outファイル
  • ログ ファイル
  • プロパティ ファイル
  • DSAネットワーク クライアント(ClientHandler)コア ダンプ
出力ディレクトリは/var/opt/teradata/dsa/support/hostname_current timestamp、またはユーザーが指定したディレクトリです。