17.20 - ClientHandlerパッケージのインストール - BAR - Data Stream Architecture - Data Stream Utility

Teradata® DSA - DSU インストール、構成、およびアップグレード ガイド

Product
BAR
Data Stream Architecture
Data Stream Utility
Release Number
17.20
Published
2022年3月
Content Type
インストール
構成
Publication ID
B035-3153-101K-JPN
Language
日本語 (日本)
前提条件DSC、DSAPostAMQ、ClientHandler、BARCmdline、およびBARPortletsは、同じバージョンである必要があります。
重要:

DSAネットワーク クライアント(ClientHandler)をインストールする前に、DSCが起動して実行されていることを確認します。

BARNC [DSAネットワーク クライアント(ClientHandler)]プロセスはブローカー(ActiveMQ)のクエリーを実行して、そのブローカーを指す既存のDSCインスタンスを調べます。DSCが実行されていない場合、自動検出は失敗します。

各データベース ノードにClientHandlerパッケージをインストールします。それらはメディア サーバーとして機能します。

ClientHandlerインストールのベース ディレクトリ(base_dir)を指定できます。以下にインストールされます。

base_dir/teradata/client/version/dsa

インストール ディレクトリとして/または/usrを使用しないでください。 サービス ユーザーがディレクトリにアクセスできるように、指定されたディレクトリに対する権限が変更されます。
  1. DSA 16.20.00.02またはそれより前のバージョンからDSA 16.20.00.03以降にアップグレードする場合は、ClientHandlerを再インストールする前に、インストールされているAXMパッケージを削除する必要があります。
    1. インストールされているパッケージの一覧を取得: rpm -qa | grep AXM
    2. 各パッケージを削除: rpm -e nameofpackage
  2. DSCサーバーで、DSCが起動して実行されていることを確認します。
    /etc/init.d/dsc status
  3. ClientHandlerサーバーで、スクリプトrpmファイルを抽出します。
    tar zxvf ClientHandler_slesxx_arch.xx.xx.xx.xx-######.tar.gz

    ここで、slesxxはOS、archはアーキテクチャ、xx.xx.xx.xxはバージョン番号、######は固有の番号です。

    形式がClientHandler.xx.xx.xx.xxのディレクトリは、現在の作業ディレクトリに抽出されます。
  4. ClientHandler.xx.xx.xx.xxディレクトリに移動します。
  5. インストール スクリプトを実行します。
    ./clienthandler_install.sh -r ClientHandler-xx.xx.xx.xx-######.rpm
  6. ClientHandlerの値を入力します。
    アップグレードでは、以前の設定が表示され、それを変更できます。
    ClientHandlerプロンプト 説明およびデフォルト値
    ベース ディレクトリを入力 base_dir/teradata/client/version/dsa
    ActiveMQ Broker Host Name and Port ActiveMQブローカーを実行しているコンピュータのホスト名またはIPアドレス、およびActiveMQブローカーがリスニングしているサーバーのポート番号(tcpの場合は61616、sslの場合は61617)。デフォルト: 61616

    通常、DSCサーバーの形式は、hostname:portです。例えばdsc1:61616

    複数のホスト名とポートを入力できます。完了したらEnterを押して続行します。

    ActiveMQ Connection ActiveMQ接続のタイプ(tcpまたはssl)。tcpを選択した場合、ActiveMQ接続はインストール中に検証されます。sslを選択した場合、ActiveMQ(jms ssl)パスワードはDSA REST API httpsパスワードと一致する必要があります。デフォルト: tcp
    Filepath of SSL truststore SSLを使用する場合は、SSLトラストストア ファイルのファイルパスを入力します。デフォルト: なし
    Filepath of SSL keystore SSLを使用する場合は、SSLキーストア ファイルのファイルパスを入力します。デフォルト: なし
    SSL Keystore Password SSLを使用している場合は、クライアントのキーストア パスワードの値をクリアテキストで入力します。デフォルト: なし

    DSARest Webサービスをhttpsに設定した場合、SSLキーストア パスワードはDSARestキーストア パスワードと一致している必要があります。

    Server ID このClientHandlerの一意のサーバーID。サーバーのホスト名が推奨されます。デフォルト: hostname
    Is Master Server? このサーバーが、インクリメンタル ジョブ通信で使用されるCBB Webサービス マスター サーバーであるかどうかを示します。
    Changed Block Backup(CBB)復元ジョブのターゲット グループで定義されているメディア サーバーのWebサービス マスター サーバーはすべて同じである必要があります。そうでない場合は、復元ジョブが失敗します。
    CBB File Path Webサービス マスターでこのパスを使用します。このパスは、復元オペレーション中、Change Block Backup(CBB)の一時ファイル ストレージに必要な共有ディレクトリです。デフォルト: /var/opt/teradata/dsa/cbb
    Master Server's Hostname インクリメンタル ジョブ通信で使用されるCBB Webサービス マスター サーバーのホスト名。このプロンプトは、プロンプト"Is Master Server?(マスター サーバーですか?)"に対してNoと応答した場合にのみ表示されます。
  7. Linux環境変数を設定するには、ログオフしてからDSCに再度ログインします。
  8. ClientHandlerが実行されていることを確認します。
    /etc/init.d/clienthandler status
  9. 必要に応じて、ClientHandlerサーバーごとにこれらの手順を繰り返します。
  10. 問題がある場合は、構成スクリプトを実行します。
    clienthandlerConfigure.sh
次のタスク
使用を計画しているバックアップ ソリューションまたはターゲットのアクセス モジュールをインストールします。
バックアップ ソリューション 移動先
DDブースト AXMDDBoostパッケージのインストール
Amazon S3 AXMS3パッケージのインストール
Azure Blob AXMAzureパッケージのインストール
Google Cloudプラットフォーム AXMGCPパッケージのインストール