17.20 - ViewpointおよびBARセットアップの構成 - BAR - Data Stream Architecture - Data Stream Utility

Teradata® DSA - DSU インストール、構成、およびアップグレード ガイド

Product
BAR
Data Stream Architecture
Data Stream Utility
Release Number
17.20
Published
2022年3月
Content Type
インストール
構成
Publication ID
B035-3153-101K-JPN
Language
日本語 (日本)
ジョブ実行のためにBARポートレットを構成するには、その前にBARポートレットを有効にしてTeradata Viewpointに追加する必要があります。
  1. ロールとViewpointアクセス用にBARポートレットを有効にします。
    ロール マネージャでは、任意のViewpointロールにBAR管理者権限を設定できます。ポートレットへのアクセスは、ポートレット ライブラリで設定できます。
  2. ViewpointポートレットにTeradataシステムを追加します。
    監視対象システムにTeradataシステムを追加して有効にし、BARセットアップBARオペレーション、およびViewpointモニタリングの各ポートレットで使用できるようにする必要があります。
  3. BARセットアップ ポートレットからシステムとノードを設定します。
    ノードは自動検出によって構成されます。情報を表示することはできますが、編集することはできません。
  4. メディア サーバーに、デフォルトのBAR NC[DSAネットワーク クライアント(ClientHandler)]ポート15401とIPアドレスが自動設定されます。必要に応じて編集します。
  5. バックアップ ソリューションを構成します。
  6. バックアップ用のターゲット グループを構成します。
    ターゲット グループは、正しいバックアップ ソリューションにマップされる必要があります。