17.20 - BARポートレットへのTeradataシステムとディクショナリ コレクタ追加 - BAR - Data Stream Architecture - Data Stream Utility

Teradata® DSA - DSU インストール、構成、およびアップグレード ガイド

Product
BAR
Data Stream Architecture
Data Stream Utility
Release Number
17.20
Published
2022年3月
Content Type
インストール
構成
Publication ID
B035-3153-101K-JPN
Language
日本語 (日本)
監視対象システムポートレットでTeradataシステムを追加して有効にし、BARセットアップポートレットで使用できるようにする必要があります。

BARセットアップ ポートレットで、システム、バックアップソリューション、およびターゲットグループを構成し、BARオペレーション ポートレットで使用できるようにする必要があります。

  1. Teradata Viewpointポータル ページで、""をクリックします。
  2. 監視対象システム ポートレットを開きます。
  3. システムの横にある""をクリックし、Teradataシステムの追加を選択します。
    1. Teradataシステムのシステムのニックネームを入力します。
    2. TDPID、Teradataシステムの正式な名前を入力します。
    3. タイム ゾーンを設定します。
    4. システムを有効化するチェックボックスを選択します。
    5. ViewpointからTeradataシステムにログインしてデータを収集するユーザーのログイン信頼証明を入力します。
      dbcuserは使用しないことを推奨します。システムの完全な復元中、システムは休止状態である必要があり、dbcuserは自動的にログインします。
    6. Apply(適用)をクリックします。
  4. システムで、新たに有効になったシステムを選択します。
  5. セットアップで、データ コレクタを選択します。
  6. データ コレクタで、ディクショナリを選択します。
  7. ディクショナリ コレクタを有効化チェックボックスを選択します。
  8. 適用をクリックします。