17.20 - TeradataからクラウドのPostgresへのリポジトリ データ移行 - BAR - Data Stream Architecture - Data Stream Utility

Teradata® DSA - DSU インストール、構成、およびアップグレード ガイド

Product
BAR
Data Stream Architecture
Data Stream Utility
Release Number
17.20
Published
2022年3月
Content Type
インストール
構成
Publication ID
B035-3153-101K-JPN
Language
日本語 (日本)
  1. パブリックIPを使用して、DSC 17.xxを保有するクラウドのVMにssh接続します。例:
    ssh -i acess_key.pem ec2-user@34.221.73.10
  2. コマンドsudo su -を使用してスーパー ユーザーに変更します。
  3. /var/opt/teradata/dsu-migration/DSAMetaDataMigrator.17.xx.xx.xx/pkgs/へ移動します。
  4. 以下のコマンドを使用して、プロパティ ファイルを生成します。
    ./runAutoMigration.py -g
    これにより、DSCインストールからの利用可能な値が事前に入力されたproperties.xmlファイルが生成されます。この手順では、このファイルがソース システムで作成されDSCサーバーの詳細を更新できることを前提としています。生成されたファイルは、他のオプションの入力として使用できます。
  5. DSCの信頼証明で、properties.xmlを編集して更新します。
    properties.xml(およびコメント付きサンプル)の詳細については、Properties.xmlファイルを参照してください。
  6. メタデータをエクスポートします。
    ./runAutoMigration.py -e
    Teradataリポジトリによるメタデータは、pgdataというフォルダ内にある.csv形式のフラット ファイルにエクスポートされます。
  7. REST APIをともなうDSCが実行していることを確認します。
    /etc/init.d/dsc status
  8. フラット ファイルから新しいリポジトリにメタデータをインポートします。
    ./runAutoMigration.py -i
    これにより、エクスポートされたデータがフラット ファイルからPostgresデータベースにインポートされます。サイレント モードではない状態で、Postgresリポジトリにユーザー データがある場合、クリーンアップを続行できるかどうか尋ねられます。
  9. インポート プロセスを検証します。
    ./runAutoMigration.py -v
    これにより、TeradataリポジトリとPostgresの各テーブルの行数を比較して、エクスポートとインポートのプロセスを検証します。
  10. 新しいDSCを再構成します。
    1. 以下のコマンドを使用して、別のプロパティ ファイルを生成します。
      ./runAutoMigration.py -g
      これにより、メディア サーバーとシステムの詳細を含むプロパティ ファイルが生成されます。
    2. メディア サーバーとシステムの信頼証明を使用してproperties.xmlを編集します。
    3. 再構成を実行します。
      ./runAutoMigration.py -r