17.20 - DD Boostサーバーの追加 - BAR - Data Stream Architecture - Data Stream Utility

Teradata® DSA - DSU インストール、構成、およびアップグレード ガイド

Product
BAR
Data Stream Architecture
Data Stream Utility
Release Number
17.20
Published
2022年3月
Content Type
インストール
構成
Publication ID
B035-3153-101K-JPN
Language
日本語 (日本)
DD Boostサーバーを使用してデータをバックアップして復元する場合は、BARセットアップ ポートレットを使用してDD Boostサーバーを追加および構成する必要があります。
DD Boostストレージは、ターゲット グループの構成中にメディア サーバーに関連付けられます。構成に対して入力されたストレージ ユニットは、メディア サーバー向けのストレージ ユニットおよびターゲットとしてマップされたデバイス構成に一致することが重要です。
  1. DSCサーバーで、DSCサーバーを選択します。
  2. カテゴリで、バックアップ ソリューションを選択します。
  3. ソリューション リストから、DD Boostをクリックします。
  4. サーバーの横の""をクリックします。
  5. DD Boostの詳細で、次の内容を入力します。
    オプション 説明
    ニックネーム 英数字およびアンダースコア(スペースなし)
    サーバー名(IP/DNS) サーバーのIPアドレスまたはDNS
    ユーザー/パスワード Data domain DD Boostの信頼証明
    ストレージ ユニット名 名前は、メディア サーバー向けのData domainストレージ ユニットおよびターゲットとしてマップされるデバイス構成に一致する必要があります。
    DSCは、異なるDD Boostサーバー間で同一のストレージ ユニット名をサポートしません。
    最大オープン ファイル数 許可するオープン ファイルの最大数
  6. ストレージ ユニットを追加するには最大オープン ファイル数の後の""をクリックします。
  7. Apply(適用)をクリックします。