17.20 - アップグレード前のDSCリポジトリおよび構成のバックアップ - BAR - Data Stream Architecture - Data Stream Utility

Teradata® DSA - DSU インストール、構成、およびアップグレード ガイド

Product
BAR
Data Stream Architecture
Data Stream Utility
Release Number
17.20
Published
2022年3月
Content Type
インストール
構成
Publication ID
B035-3153-101K-JPN
Language
日本語 (日本)

DSCリポジトリは、構成定義および設定、ジョブ定義、ジョブ ステータス、ジョブ履歴を含むすべてのDSAデータを格納します。DSCリポジトリのデータを保護することは重要です。DSCリポジトリがなければ、データベースのバックアップ データ セットを復元することはできません。

重要:
  • DSCをバージョン17.10.01.00にアップグレードする場合は、DSCのアップグレード前に、必ずPostgresをバージョン10.15(SLES 11 SP3: 10.15-0.2.24およびSLES 12 SP3: 10.15-4.9.1)にアップグレードします。
  • DSCをバージョン17.20.00.00にアップグレードする場合は、DSCのアップグレード前に、必ずPostgresをバージョン10.17(SLES 11 SP3: 10.17-0.2.30およびSLES 12 SP3: 10.17-4.16.4)にアップグレードします。
  • DSCをバージョン17.20.00.03にアップグレードする場合は、DSCのアップグレード前に、必ずPostgresをバージョン10.17(SLES 11 SP3: 10.17-0.2.30、SLES 12 SP3: 10.17-4.16.4、およびSLES 15 SP2: 10.17-4.16.4)にアップグレードします。
アップグレードを実行する前に、次の構成情報のコピーを保存することが非常に重要です。
  • バックアップ リポジトリ構成
  • PUTを使用している場合は、/tmp/dsainputsテンプレートに必要な情報
この情報のほとんどは、/etc/opt/teradata/dsaに保存されているプロパティファイルにあります。
重要: アップグレード中にDSC名を変更した場合は、アップグレード完了時点でレポジトリのバックアップを繰り返す必要があります。

DSCリポジトリをバックアップするには、次の手順を使用します。

  1. config_repository_backupコマンドの後にパラメータを指定して実行し、DSCリポジトリバックアップのターゲットグループを構成し、DSCリポジトリバックアップのスケジュールを設定します。
    パラメータ 説明
    f|filefilename 必要な構成パラメータを含むファイルの名前とフル パス。
    u|user_authenticationUser セキュリティ管理が有効な場合は必須です。コマンドにViewpointユーザーを指定し、認証用のパスワード プロンプトを表示します。
    サンプルXMLファイル:
    <dscRepositoryBackup dscVersion="dscVersion1" xmlns="http://schemas.teradata.com/v2012/DSC">
       <!-- 'target_name' - Required, max 32 characters -->
       <target_name>SampleBackupRepoTargetGroup</target_name>
    
       <!-- 'frequency_value' - Required, Value between 1-4, Defaults to 1 -->
       <frequency_value>1</frequency_value>
    
       <!-- 'day_selection' - Required, accepted values: Su, Mo, Tu, We, Th, Fr, Sa -->
       <day_selection>Sa,Su</day_selection>
    
       <!-- 'start_time' - Required, Max characters 5, Values 1:00-12:00 -->
       <start_time>12:00</start_time>
    
       <!-- 'start_am_pm' - Required, accepted values: AM/PM -->
       <start_am_pm>AM</start_am_pm>
    
    </dscRepositoryBackup>
    
  2. 次を入力します: dsc export_repository_backup_config -f export_repository_backup_config.xml
    リポジトリバックアップの構成が変更されるたびにexport_repository_backup_configを実行する必要があります。
    export_repository_backup_config.xmlを災害時にDSCにインポートして戻すための安全で既知の場所に保持します。
  3. dsc run_repository_job -t backupと入力し、Enterキーを押して、DSCリポジトリバックアップを実行します。
    run_repository_jobコマンドは、オペレーショナルジョブが実行されていない場合にのみ開始できます。