17.20 - コマンドライン プロパティ - BAR - Data Stream Architecture - Data Stream Utility

Teradata® DSA - DSU インストール、構成、およびアップグレード ガイド

Product
BAR
Data Stream Architecture
Data Stream Utility
Release Number
17.20
Published
2022年3月
Content Type
インストール
構成
Publication ID
B035-3153-101K-JPN
Language
日本語 (日本)
インストール後は、どのプロパティ設定も編集しないでください。
プロパティ 説明 デフォルトの設定
broker.url ActiveMQブローカー(tdactivemqがインストールされている)を実行しているマシン(通常はDSCサーバー)のホスト名またはIPアドレス。  
broker.port ActiveMQブローカーがリスニングしているサーバー上のポート番号(tcpの場合は61616、sslの場合は61617)。デフォルト: 61616 61616
broker.type ActiveMQ接続のタイプ(tcpまたはssl)。tcpを選択した場合、ActiveMQ接続はインストール中に検証されます。sslを選択した場合、ActiveMQ(jms ssl)パスワードはDSA REST API httpsパスワードと一致する必要があります。デフォルト: tcp tcp
dsc.name BARコマンドライン インターフェースが接続するDSCの名前 なし
log4j.rootLogger DSCコンポーネントのロギングレベル。 値は次のとおりです。
  • INFO
  • ERROR
  • WARN
  • DEBUG
INFO
log4j.appender.logfile.file ログ ファイルの場所  
log4j.appender.logfile ロギング インフラストラクチャの内部設定  
log4j.appender.logfile.maxFileSize バックアップ ファイルにロール オーバーされる前のロギング ファイルの最大サイズ 10 MB
log4j.appender.logfile.maxBackupIndex 作成されたバックアップ ロギング ファイルの数。最大数のファイルが作成されると最も古いファイルは削除されます。 3
log4j.appender.logfile.layout ロギング インフラストラクチャの内部設定  
log4j.appender.logfile.layout.ConversionPattern ログ ファイル レイアウトのパターン  
BARCMDLINE_JAVA_HOME Javaがインストールされているパス。これは汎用SLES Linux環境専用です。Javaで使用されていません。