17.20 - ActiveMQサーバーへのTeradataの接続の確認 - BAR - Data Stream Architecture - Data Stream Utility

Teradata® DSA - DSU インストール、構成、およびアップグレード ガイド

Product
BAR
Data Stream Architecture
Data Stream Utility
Release Number
17.20
Published
2022年3月
Content Type
インストール
構成
Publication ID
B035-3153-101K-JPN
Language
日本語 (日本)
すべてのTeradataノードは、TeradataActiveMQ(TDAMQ)サーバーにネットワーク接続する必要があります。オンラインvproc番号が最も小さいノードで起動リスナーDSMAINプロセスを実行しますが、TDAMQサーバーに到達できない場合は開始されません。

TeradataシステムがTDAMQサーバーと同じネットワーク ドメインに存在しない場合は、TDAMQサーバーのIPアドレスでhostsファイルを更新する必要があります。

  1. [SQLエンジン/Teradata Database 16.0以降]複数のDSCがある場合は、ActiveMQサーバーのリストを取得します。
    1. bteqを使用してデータベース システムにログオンします。
    2. 以下のコマンドを発行して、DSCとそれに関連するActiveMQサーバーのリストを取得します。
      select cast(activemqserver as char(30)), cast(dscname as char(30)) from sysbar.dsaconnectionstbl;
  2. すべてのノードで、ping TDAMQservernameを実行してTDAMQサーバーへの接続を確認します。すべてのノードは、TDAMQサーバーにpingを実行できる必要があります。
  3. DSMAINを開始していない場合は、オンラインRSGvproc番号が最も小さいノードに進み、/var/opt/teradata/tdtemp/barの起動リスナーのログを確認してメッセージの問題を解決します。
    起動リスナーのログには、BARLog_rsgno_40.txt形式が使用されます。rsgnoBARLog_26621_40.txtなどの最も小さいRSGvproc番号です。
    SQLエンジン 16.20およびTeradata Database 15.0.6.1、15.10.04.04および16.0では、スタートアップ リスナー ログがBARLog_rsgno_15.txtからBARLog_rsgno_40.txtに変更されました。