17.10 - TD_ScaleFit構文要素 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - Advanced SQL Engine分析関数

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1206-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
OutputTable
(オプション)出力テーブルの名前を指定します。
TargetColumns
統計を出力するInputTable列の名前を指定します。列には、範囲(-1e308, 1e308)内の数値データが含まれている必要があります。
ScaleMethod
すべてのターゲット列にscale_methodを1つ指定するか、各target_columnscale_methodを1つ指定します。n番目のscale_methodn番目のtarget_columnに適用されます。
次のテーブルに、有効な各scale_methodとそのlocationおよびscaleの値を示します。
TD_ScaleTransform関数は、次の式のlocation値とscale値を使用して、ターゲット列の値Xをスケーリング後の値X'にスケーリングします。
X' = intercept + multiplier * ((X - location)/scale)
切片と乗数によってinterceptmultiplierが決まります。
テーブルのXmin、Xmax、およびXMeanは、target_columnの最小値、最大値、および平均値です。
scale_method 説明 location scale
MAXABS 最大絶対値。 0 Maximum |X|
MEAN 平均。 XMean 1
MIDRANGE ミッドレンジ。 (Xmax+Xmin)/2 (Xmax-Xmin)/2
RANGE 範囲。 Xmin Xmax-Xmin
RESCALE 指定した下限、上限、または両方を使用して再スケーリングします。このテーブルの後の構文を参照してください。 RESCALE構文の後のテーブルを参照してください。 RESCALE構文の後のテーブルを参照してください。
STD 標準偏差。 XMean √(∑((Xi - Xmean)2)/ N)

ここで、Nは有効な値の数です。

SUM 合計。 0 ΣX
USTD 不偏標準偏差。 XMean √(∑((Xi - Xmean)2)/ (N - 1))

ここで、Nは有効な値の数です。

RESCALE ({ lb=lower_bound | ub=upper_bound | lb=lower_bound, ub=upper_bound })
RESCALEのlocationおよびscale
  location scale
下限のみ Xmin - lower_bound 1
上限のみ

Xmax - upper_bound

1
下限と上限 Xmin - (lower_bound/(upper_bound - lower_bound)) (Xmax - Xmin)/(upper_bound - lower_bound)
Intercept
すべてのターゲット列にinterceptを1つ指定するか、各target_columninterceptを1つ指定します。この関数はn番目のtarget_columnn番目のinterceptを使用します。
デフォルト: '0'
Multiplier
すべてのターゲット列にmultiplierを1つ指定するか、各target_columnmultiplierを1つ指定します。この関数はn番目のtarget_columnn番目のmultiplierを使用します。
デフォルト: '1'
GlobalScale
(オプション)すべてのターゲット列を同じ場所、同じスケールに拡張するかどうかを指定します。
デフォルト: 'false' (各ターゲット列を個別に拡張)
MissValue
(オプション) NULL値の処理方法を指定します:
オプション 説明
KEEP(デフォルト) NULL値を保持します。
ZERO 各NULL値を0に置き換えます。
LOCATION 各NULL値をその場所の値に置き換えます。