17.10 - TD_StrApply構文要素 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - Advanced SQL Engine分析関数

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1206-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
TargetColumns
文字列演算子を適用する入力テーブル列の名前を指定します。
OutputColumns
(InPlace ('true')を指定した場合は無視されます。それ以外の場合はオプションです。)出力列の名前を指定します。output_columnは128文字以下にしてください。
デフォルト: InPlace ('false')を指定した場合は、target_column_operatorです。それ以外の場合は、target_column
いずれかのtarget_column_operatorが128文字を超える場合は、target_columnごとにoutput_columnを指定します。
です。
Accumulate
(オプション)出力テーブルにコピーする入力テーブル列の名前を指定します。
InPlace ('true')を指定した場合、target_columnaccumulate_columnにすることはできません。
StringOperation
次のテーブル内のstr_operatorを指定します。str_operatorstringlength、またはstart_indexが必要な場合は、String、StringLength、またはStartIndexを使用してこの値を指定します。
str_operator 説明
CHARTOHEXINT 値を16進表現に変換します。
GETNCHARS 値からlength文字を返します。

オプション: OperatingSideを参照してください。

INITCAP 値の最初の文字を大文字にします。
STRINGCON stringを値に連結します。
STRINGINDEX 値のstringの最初の文字のインデックスを返します。

オプション: IsCaseSpecificを参照してください。

STRINGLIKE 指定したパターンに一致する文字列が値に含まれている場合は、一致する最初の文字列を返します。

オプション: EscapeString、IsCaseSpecific、IgnoreTrailingBlankを参照してください。

STRINGPAD 値にstringを埋め込みます(length文字)。

オプション: OperatingSideを参照してください。

STRINGREVERSE 値の文字の順序を逆にします。
STRINGTRIM 値にstringが含まれている場合は、値からstringを削除します。

オプション: OperatingSideを参照してください。

SUBSTRING 値から、length以降のサブ文字列をstart_index文字だけ返します。
TOLOWER 値の大文字を同じ文字の小文字に置き換えます。
TOUPPER 値の小文字を同じ文字の大文字に置き換えます。
TRIMSPACES 値から先頭と末尾のスペース文字を削除します。
UNICODESTRING LATIN値をUNICODEに変換します。
String
(str_operatorstring引数が必要な場合は必須です。それ以外の場合は無視されます。)str_operatorの場合はstring引数を指定します。
str_operator string
STRINGCON 値に連結する文字列。
STRINGINDEX 値の最初の文字のインデックスを返す文字列。
STRINGLIKE 値内で検索する文字列を示すパターン。
STRINGPAD 値に埋め込む文字列。
STRINGTRIM 値から削除する文字列
StringLength
(オプション) (str_operatorlength引数が必要な場合は必須です。それ以外の場合は無視されます。)str_operatorの場合はlength引数を指定します。
str_operator length
GETNCHARS 値から返す文字数。
STRINGPAD 値に埋め込む文字長。
SUBSTRING サブストリングの長さ。
OperatingSide
(オプション) str_operatorがGETNCHARS、STRINGPAD、またはSTRINGTRIMの場合のみ適用されます。str_operatorを適用する値の側を指定します。
デフォルト: left
IsCaseSpecific
(オプション) str_operatorがSTRINGINDEXまたはSTRINGLIKEの場合のみ適用されます。stringの検索で大文字と小文字を区別するかどうかを指定します。
デフォルト: true (検索では大文字と小文字を区別します)
EscapeString
(オプション) str_operatorがSTRINGLIKEの場合のみ適用されます。エスケープ文字を指定してください。
IgnoreTrailingBlank
[Optional] (オプション) str_operatorがSTRINGLIKEの場合のみ適用されます。末尾のスペース文字を無視するかどうかを指定します。
StartIndex
(オプション) str_operatorがSUBSTRINGの場合のみ適用されます。サブ文字列が始まる文字のインデックスを指定します。
InPlace
(オプション)出力列の名前をターゲット列と同じにするかどうかを指定します。
InPlace ('true')は、各ターゲット列の各値をstr_operatorの適用後の結果に効果的に置き換えます。
InPlace ('false')は、ターゲット列を出力テーブルにコピーし、各値にstr_operatorの適用後の結果を値として持つ出力列を追加します。
InPlace ('true')を指定した場合、target_columnaccumulate_columnにすることはできません。
デフォルト: true