17.10 - TD_ZTest出力 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - Advanced SQL Engine分析関数

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1206-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

出力テーブル スキーマ

データ型 説明
sample_column_1 VARCHAR 最初の標本母集団のデータ。
sample_column_2 VARCHAR (列は、SecondSampleColumnを指定した場合のみ表示されます。) 2番目の標本母集団のデータ。
N1 INTEGER 最初の標本のサイズ。
N2 INTEGER (列は、SecondSampleColumnを指定した場合のみ表示されます。) 2番目の標本のサイズ。
mean1 DOUBLE PRECISION 最初の標本の平均。
mean2 DOUBLE PRECISION (列は、SecondSampleColumnを指定した場合のみ表示されます。) 2番目の標本の平均。
AlternativeHypothesis VARCHAR 帰無仮説が棄却された場合、仮説は受け入れられます(H1)。
z_score DOUBLE PRECISION 統計zスコアを検定します。
アルファベット DOUBLE PRECISION alpha(TD_ZTest構文要素を参照してください)。
CriticalValue DOUBLE PRECISION 検定にアルファ(z_α)を使用して計算された臨界値。
p_value DOUBLE PRECISION Z検定統計量に関連する確率:
  • 片側(下側)検定:

    P(z < zスコア)

    これは、正規分布での下側確率です。

  • 片側(上側)検定:

    P(z > zスコア)

    これは、正規分布での上側確率です。

  • 両側検定:

    P(z > zスコア) + P(z < zスコア)

p値 < alphaの場合、帰無仮説は棄却されます。

Conclusion VARCHAR Z検定の結果。「帰無仮説を棄却する」または「帰無仮説の棄却に失敗する」のいずれかです。

Conclusionが「帰無仮説を棄却する」の場合、棄却信頼度レベルは1-alphaです。