17.10 - SVMSparsePredict構文要素 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - Advanced SQL Engine分析関数

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1206-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
IDColumn
テスト サンプルの識別子を含むInputTable列の名前を指定します。InputTableは、この列でのパーティション化が必要です。
AttributeNameColumn
テスト サンプルの属性を含むInputTable列の名前を指定します。
AttributeValueColumn
[オプション]属性値を含むInputTable列の名前を指定します。
デフォルトの動作: 各属性の値は1です。
Accumulate
[オプション]出力テーブルにコピーするInputTable列の名前を指定します。
TopK
(Responsesが指定されている場合は使用できません。それ以外の場合はオプションです。)出力テーブルに表示されるクラス ラベルの数を指定します。各結果の出力テーブルには、可能性が最も高いn個のクラスに対応して、n個の行があります。各クラスの確率を確認するには、OutputProb ('true')を使用します。
OutputProb
(Responsesが指定されている場合は'true'である必要があります。それ以外の場合はオプションです。)各応答の確率を出力するかどうかを指定します。Responsesを省略した場合、関数は予測されたクラスの確率のみを出力します。
デフォルト: 'true'
Responses
(オプション)確率を出力するクラスを指定します。
デフォルトの動作: 予測されたクラスの確率のみを出力します。