16.20 - 非テンポラル操作 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ テンポラル テーブル サポート

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1182-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

非テンポラル操作は、ALTER TABLE、CREATE TABLE AS (Copy Table構文)、DELETE、INSERT、またはUPDATE文にNONTEMPORAL接頭辞を使用する操作です。非テンポラル操作によって、transaction-timeテーブルおよび二重テンポラル テーブル内のクローズ行に変更を加えることができるようになります。通常、この変更はトランザクション時間を含むテーブルに対して許可されていません。このような操作によって、通常はこれらの種類のテンポラル テーブルで自動的に実行される履歴の維持を回避できます。この操作では、行の変更時および挿入時にトランザクション時間を指定できます。また、クローズ行を物理的に削除することもできます。これらの操作は、通常、トランザクション時間を含むテンポラル テーブルには実行できません。ほとんどの状況で、NONTEMPORALキーワードの使用は推奨されません。また、このキーワードの使用には、特別なNONTEMPORAL権限が必要になります。詳細については、NONTEMPORAL権限を参照してください。