16.20 - 例: テンポラル テーブルのsequencedビューの作成 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ テンポラル テーブル サポート

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1182-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

次の文は、Policyテーブルのsequencedビューを作成します。sequenced問合わせの結果は、valid-timeテーブルまたはビューになります。この例の場合はビューになります。ビュー内の各行のvalid-time期間は、新しい行に格納されます。この行は、システムによって自動的に追加されます。ビュー内の各行のvalid-timeは、元のテンポラル テーブルのvalid-time期間とsequenced問合わせの有効時間が重なり合う部分になります。この例の場合、sequenced問合わせに期間を指定していないため、この問合わせの期間はデフォルトの(0001-01-01, UNTIL_CHANGED)になり、ビューのvalid-time期間は元の行の期間と同じになります。

CREATE VIEW文ではビュー列の名前が指定されていないため、システムは新しいビュー列にVALIDTIMEという名前を付けます。

   CREATE VIEW Basic_Auto_Policy_V AS
   SEQUENCED VALIDTIME
   SELECT Policy_ID, Customer_ID
   FROM Policy
   WHERE Policy_Type = 'AU';